年 11月20日過ぎには山は雪・・・今頃は、足慣らしに山スキーをしてるが・・
一向に積もる気配が無い・・・なので、〝熊皮〟の様子を見ながら読書三昧です。




先日の誕生日に〝凍〟を読み返し、新たな戦慄を覚え・・・

遭難本では、〝これだ!!〟と一説に言われてる、ミニヤコンカを再読したが、
今回読んでも、糞も面白く無い・・・市川山岳会の遠征記。
イメージ 1

難峰に7人で、極地法。隊員の技術レベルは、バラバラ・・・
最初から、遭難しに往った様なものである。(関係者が居たらご免ね)
天候判断・撤退のタイミング・・・多くは言わないが・・・
読んでない方は是非に、読んだら判ります・・・
ページは、半分の150ページも有れば良し、構成者が下手なのか???


口直しに、山野井氏を読み始めた・・・安定して〝引き込まれる〟・・・