3月3日(日)

前日の天気予報は、〝晴れ〟でしたが、この冬は予報に騙され、
思う様な山行が出来ずにいました・・・

先日、山スキー一式(板・金具・シール・靴)を、22万円也で、
ディナフイット社製で新調したお金持ちと、テスト山行の約束をしてました・・・

今朝起きて、6時に天気予報・ライブカメラのチェック。
予報は3社◎マーク、カメラは秋田駒ヶ岳山頂丸見えです。
八幡平スキー場カメラは、既に登ってる人が映ってて・・・

6時半に迎えに来て貰い、八幡平へ・・・下界は放射冷却で霧が濃く・・・

スキーに着いて準備し、リフト運転前なので、場内をシール登行。
何か見覚えのある御仁も登ってます・・・
イメージ 1


スキー場を直登中・・・GW並みの日差しで、頭から流れる汗が目に入る・・・
イメージ 2


スキー場を登り詰めると・・・背後に焼山山塊が・・・ここも山スキーに良い処。
イメージ 3


スキー場の頭から、蒸ノ湯駐車場に滑り降り、夏の登山道の急登で又も汗だぐ・・・
途中でゴァツナギのサイドジッパーを、肘から膝まで開放してクールダウンです。


この辺の樹氷は落ちてますが・・・背後には焼山山塊が、奥に森吉山も望めます。
イメージ 4


登るにつれて・・・樹氷の残骸が出現・・・前日と今日の登山客の足跡が・・・
イメージ 5


鹿角山岳会が募集した〝樹氷見物ツァー〟の一団も、前後して登ってます。
中に元職場の同僚も居て、山で会うのは一年振り・・・       
イメージ 6

                                
イメージ 7


イメージ 8


標高が上がると・・・樹氷がまだ生き残ってます・・・
イメージ 9


八幡平と言う名の通り・・・山頂近くに為ると・・・タイラです・・・
吹雪かれるとアウトですねぇ・・・
イメージ 10


右手にボンヤリ 秋田駒ヶ岳が見えます・・・
イメージ 11


岩手山も見えて来ました・・・
イメージ 12


籐助森1604mに来ると、八幡平山頂が目の前です。
イメージ 13


山頂の標識柱が見えます。                    
イメージ 14


山頂に着きました・・・
夏は青森トド松林の中で、見通しが無いので木組みの展望台が有ります。
八幡平の標柱は5m物で頭が1m少し露出してます・・・積雪は平年並み。
イメージ 15


山頂からの岩手山
イメージ 16

                               
イメージ 17


遠くに、八甲田連峰が・・・
イメージ 18


無風快晴なので、山頂で昼飯を喰い、小1時間休み・・・
籐助森でシールを外し・・・滑走です。


観光道路の、蒸ノ湯駐車場まで戻って来ました。トイレ棟は雪の中・・・
イメージ 19


ここでシールを再装着して、スキー場トップに登り、トップでシールを外し・・・
スキー場を滑って・・・終了です。

調べて見たら、この時期に、こんなド晴れの日登ったのは、
2012年2月22日以来でした・・・おかげで日焼けして、早くもガン黒に・・・

次回の山行時は、汗対策の鉢巻きが、忘れられない時期に入りました。