頂上にこの行列… エベレストでさらに4人死亡、混み合う「死のゾーン」

イメージ 1

AFP=時事】世界最高峰エベレスト24日、新たに4人の死亡が報告された。このうち2人は、標高8000メートル以上の通称「死のゾーン」が登山者で混雑していることが原因で命を落としたとされ、安全より利益が優先されているとの懸念が強まっている。

前日23日午後に亡くなったのは、登頂を果たしたものの下山途中に死亡したインド人のカルパナ・ダス(Kalpana Das)さん(52)。当時、エベレストの山頂付近には大勢の登山者らが列を成していた。

同じくインド人の別の登山者(27)も、山頂からの下山中に命を落とした。登山会社の話では、この男性は「12時間以上混雑に巻き込まれ、極度に疲労していた」という。
24日に報告された4人の死亡により、混雑する頂上付近でこの1週間に亡くなった人は計8人となった。

夏の槍ヶ岳でも、肩から山頂まで2.3時間待ちが起こるが、
8千mで渋滞待ちに遭遇し、下手したら手足の凍傷・・最悪は酸素切れで錯乱死。

1953年にエドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイがエベレスト初登頂に成功して以来、ネパールでは登山が収益性の高いビジネスとなっている。

ネパール政府は今春の登山期間に、過去最多となる381人に登山許可証を発給。発給手数料は1人当たり約120万円で、貧しい同国にとっては大きな収入源となっている。

登山が認められている期間はもともと短い上、悪天候で登山可能日が減り、山頂までのルートで混雑が発生した。

〔登山が認められている期間はもともと短い〕は間違い。
モンスーン(雨期)入りする前の4.5月(春季)と、
雨期が明ける9.10月(秋季)が登山にベストなだけで、
申請したらいつでも登山許可は下りる。

雨期と冬季は、気象条件が厳しく入山者が殆んど居ないだけ。

頂上を目指す人の大半にネパール人ガイドが同行するため、今季だけで750人以上が山頂まで同じルートを通行することが予想されている。

登山会社によると、チベット側からも140人以上に対して登山許可証が発給されており、今年の総登頂者数は過去最多だった昨年の計807人を上回る可能性もある。


山頂まで張られたFixザイル1本に、これだけの人がブラ下がる・・・
登り降りの交差も間々為らない状態です・・・
槍ヶ岳の様に〝登り・降り〟の専用路を造れる可能性は無し・・・

サウスコル(7900m)の最終Cから、1人3本の酸素ボンベを吸って往復するが、
これでは4本無いと途中で酸素切れに為るかも・・・
シェルパが客の荷を背負う負担が益々増える。

登山料120万を10倍に値上げするか? 入山規制をしないと大事故が発生します。
しかし入山規制をして登山客が減れば・・・
シェルパやポーター(荷役)の仕事が激減、通過する村人の生活が成り立たない。

にこれだけの人が上部Cに上がり、空ボンベ・ゴミ・糞尿の投棄に寄る環境破壊。
これら投棄の賦課金制度(一隊3000ドル)は有るが、(持ち帰れば払い戻される)
罰金を払っても荷下ろしするよりは楽・・・
ネパール政府も悩ましい処でしょうねぇ・・・



****************************



エヴェレストを1週間に2回登頂 ネパール人ガイド、最多24回目

5/23(木) 11:06 BBC配信
ネパールのシェルパ(山岳ガイド)が21日、世界最高峰エヴェレストの24回目の登頂に成功し、世界記録を更新した。直近の2回は1週間以内に上り下りを繰り返した。

カミ・リタ・シェルパ氏(49)は、今月15日に23回目となるエヴェレスト登頂に成功。そのわずか6日後の21日朝に、世界記録を樹立した。

イメージ 2

エヴェレスト登頂記録としては、3人が21回成功している。うち2人はすでに引退しており、もう1人のシェルパ(39)は今季、中国側から22回目の登頂を狙っている。

カミ・リタ氏はもうすぐ50歳だが、まだ引退する気はなく、今後もエヴェレストに登り続けたいと話す。23回目の登頂を前に、BBCの取材に「まだ数年は登れる」と宣言し、こう話していた。

「私は健康だ。60歳までは行ける。酸素を持っていけば、たいしたことじゃない」
カミ・リタ氏がガイドとしてエヴェレストに初登頂したのは1994年だった。
「記録を作ろうなどと思ったことはなかった。登山で記録が作れるなんて知らなかった。知っていたら、もっと早く登り始めていた」

「シェルパの貢献、忘れられる」エヴェレスト山頂を目指す外国人登山者たちは、経験豊富なシェルパと登るのが一般的だ。シェルパは道を整え、ロープを張り、必要な物資や酸素を運ぶ。

カミ・リタ氏は言う。

「シェルパが頂上までロープを張る。外国人はインタビューを受け、エヴェレストは簡単だとか、自分たちは勇気があるとか話す。彼らはシェルパの貢献を忘れてしまう。シェルパは登頂を成功させようと苦労する。シェルパは苦しい思いをする」

「すべての山に女神がいる。女神を幸せなままにしておくのが私たちの務めだ。登山を始める何カ月も前から祈り始め、女神の体に足を乗せることに対して許しを請う」


凄い記録だと思う・・・彼はセブンサミット・トレック(商業登山会社)に所属し、
1シーズン(春・秋の2回が有るが)の収入が6000$だとか・・・
優秀なシェルパは、契約収入の他に同行した登頂者からボーナスが得られるのです。
ネパールでは、医師の月収が5万・上級公務員で4万・一般3~1万程度です。
破格の収入です、登山客は道楽でエベレストに登るが・・・
彼等シェルパは、家族を養う為に命懸けで山登りをしてるのです。



****************************


エベレスト登頂で今季11人目の死者、登山者の渋滞に懸念増大

5/28(火) 10:41CNN配信 (抜粋)   
世界最高峰のエベレスト(標高8848メートル)に挑んだ登山家が、また1人死亡した。これで今シーズンの死者は11人になった。
ネパール観光局によると、27日に死亡した米国人のクリストファー・ジョン・クリッシュさん(62)はネパール側から入山して頂上に到達。下山を始めてこの日夕刻、サウスコル(標高約7900メートル)に到着した後に急死した。

ベテラン登山家のデービッド・モートンさんはチベット側のベースキャンプでCNNの取材に応じ、「登山家の経験不足だけでなく、登山家を支える側の経験不足にも大きな問題がある」「特にネパール政府は入山者の数を制限していないことから、そうした状況を招く条件はそろっている」と指摘する。

「好天だった24日、我々がいた頂上から100メートルほどの地点では、チベット側から頂上を目指す人が30~40人くらいいた」とモートンさんは証言。エベレスト登山ツアーを運営する業者を認可制にすべき潮時だと述べ、そうした業者に登山者の審査を担わせるべきだと訴えている。

登山家の経験不足?
商業登山でエベレストに来るのは、登山客です。登山家と呼ばれるレベルの者は、
渋滞するこの時期にエベレストは目指しません。

支える側の経験不足?
登山客1人に、シェルパ1人が付き添い登るが、彼等の力量は客以上です。

運営する業者を認可制にすべき? 業者に登山者の審査を担わせるべき?
中国・ネパール共に、登山申請をすれば全て許可されます。
外貨が稼げるから・・・
商業登山業者の認可制は、利権絡みで難しいでしょうねぇ・・・
登山者の審査を業者任せでは、全て合格でしょう・・・
客からは一括前金で徴収、登れなくても返金なしのシステムです。

当面の解決策として春季エベレストに限り、
登山申請料を現行の10倍にしたら、
登山客の出費が2倍の2千万近くに為るので、混雑が緩和されるでしょう。
他の8千m峰はガラ空き状態なので、其方に登山客の目が向き、
山麓の寒村も潤い・シェルパの稼ぎも減らずに済むのでは???



参考資料 最新版
クンブ(エベレスト)地域への入域に関する費用(外人用)
費目トレッキングライト登山メジャー登山
1.登山料不要別表参照別表参照
2.TIMSUSD15不要不要
3.国立公園入域Rs.3,000Rs.3,000不要
4.キャンプ代Rs.1,500Rs.1,500Rs.1,500
TIMS(Tourist Information Management System)トレッカーの安全を確保する為の書類でトレッキング許可証は不要。
別表の登山料はライト、メジャーの両登山を含む
キャンプ代も政府関係への支払いとなる。
上記は一人分の料金である。

登山料(US$)
山のカテゴリー春季秋季夏・冬季
1)Everest Normal Route11,0005,5002,750  
2)Everest Other Route10,0005,0002,500
3)Other 8000m peak 1,800900450
4)7501~7999m peak 600300150
5)7000~7500m peak 500250125
6)6501~6999m peak 400200100
7)Mt. Aamadablam (6821m)400400200
8)Less than 6500m peak 25012570

春季(3月~5月)、夏季6月~8月)、秋季(9月~11月)、冬季(12月~2月)
金額は外人メンバー1人分の金額。



****************************

エベレスト渋滞で死者続出、背後にある大きな問題とは

6/1(土) 9:33配信
ナショナル ジオグラフィック日本版


〔現場にいたガイドたちが口を開いた〕
5月27日、米コロラド州のクリストファー・クリシュ氏(62歳)が、エベレスト登頂後の下山中に、標高7900メートルのキャンプ4で亡くなった。クリシュ氏の兄弟によると、死因は高山病ではなく心臓まひだという。

イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7

これで、エベレストでの今シーズンの死者は11人になり、ヒマラヤの8000メートル峰における今春の死者数は計21人にのぼった。登山シーズンはあと数日残っているため、この数はさらに増える可能性もある。

ネパールの登山家ニルマル・プルジャ氏が5月22日に撮影したエベレスト渋滞の写真は、瞬く間に拡散した。頂上付近の尾根で何百人もの登山者が渋滞し、ほぼ途切れのない列を作っている写真だ。そして、多くの犠牲者が出たことと渋滞を結びつける議論に一気に火が付いた。

現地にいたガイドや登山者はどう考えているのか。下山後、ベースキャンプを離れた彼らは、何が起きたのかを今語り始めたところだ。意見はバラバラで、まったく一致は見られない。

カナダの撮影監督エリア・サイカリー氏は、インスタグラムにこう投稿した。
「そこで目にしたものが信じられませんでした。そこには死、死体、混沌、行列がありました。登山ルートやテントの中の遺体、引き返そうとして亡くなった人、抱えられて下山する人、遺体の上を歩く人。あなたたちがセンセーショナルな見出しの記事で読んだことは、すべて私たちが登頂した夜に起きたことなのです」。この投稿はその後、削除された。

もっと日常的なものに例えた人もいた。「混雑する週末にスキー場の列に並んでいるかのようでした」と米ワイオミング州に拠点を置く映画製作者で、ナショナル ジオグラフィック協会に協力する、ダーク・コリンズ氏は話す。「エベレストで並ばなければならないというのは、予想とは異なり、いらいらするし、とても退屈なことでした」。ナショナル ジオグラフィック協会が率いる登山隊は、登頂を計画していたが、混雑のため引き返した。

賢明な判断です。

しかし、一部のベテランガイドは、順番待ちの行列が人々を殺しているという意見に異を唱える。行列が直接の原因なのではなく、背後にあるもっと大きな問題が「行列」というかたちで表面化しているのだと言う。
「そのストーリーは誤解です。私の知る限り、順番待ちが原因で死亡した人は1人もいません。これは主に決断の問題なのです」と、登山ツアー会社「アルパイン・アセンツ・インターナショナル」の米国人ガイド、ベン・ジョンズ氏は話す。

〔標高8500メートルでの順番待ちとは〕
問題は、写真が撮影された22日だけのことではなかった。翌日である5月23日、ジョンズ氏は登山ツアー隊の登頂を手伝っていた。「2人の登山者の後ろに50人の列ができていましたそれが、私たちが出くわした唯一の問題でした」と同氏は話す。「その2人は、進むことも後ろの人を通すこともしなかったのです」。ジョンズ氏の推定では、約2時間も待っていたという。

長年エベレストについてのブログを書いてきたアラン・アーネット氏は最近、エベレストでの今シーズンの死者11人のうち5人が混雑によるものかもしれないと投稿した。

「下山するまでの十分な酸素がないにもかかわらず山頂を目指し続けるというのは、お粗末な決断です」とジョンズ氏の同僚ガイド、エリック・マーフィー氏は話す。「順番待ちをしている時には酸素の流量を少し下げ、使い果たすことのないようにしています」と同氏は、エベレスト山頂付近で必要な酸素を確保する方法を説明する。

通常酸素の流量を毎分3L程度で吸入するが、こんな時は2Lに絞って節約すべき。
酸素ボンベは4L・300気圧(1200L相当)、毎分3Lで6時間持つ。1本約5万円也。

同氏によると、行列の動きが遅いのは、何よりもリーダーシップの問題だという。「遅い登山者にシェルパが付いているなら、本当はそのシェルパが『人が通れるように脇に寄って少し休みましょう』と言うべきなのです。しかし、それは多くのシェルパにとっては、責任が重すぎるのです」と同氏は話す。

付き添いのシェルパは、客が参加した商業登山会社に雇われている。
客を登頂させないと成功報酬が貰えないのだ・・・
後ろから来る奴には構ってられないのだ。

登山技術の微妙な差も移動速度を遅くしていると、マーフィー氏は指摘する。「平らな地形であっても、すべてのロープに登高器を取り付ける人もいるのです」と同氏は話す。登高器とは、固定ロープに取り付け、登山者の滑落を防ぐ道具だ。地形が平らな場合、通常のカラビナの方が速く、比較的安全でもある。登高器の付け外しには10~15秒かかる。「カラビナよりも、遅い方法なのです」

この発想は間違い
カラビナ使用は確かに早いが、滑落・転落・スリップしたら下の支点まで落ちる。
次支点までの間に、人が居たら確実に巻き込む。
登高器を使ってれば、ロープから手を離しても、その位置から下に落ちる事は無い。

「混雑がニュースになりましたが、問題は登山者の経験不足なのです」と経験豊富なガイドで、ナショナル ジオグラフィック協会が率いる科学チームの一員でもあるマーク・フィッシャー氏は話す。「自己管理や効率的な登山技術、環境への適切な準備などを知らないようでした」

山頂付近の登山者数に影響を与えたもう1つの問題は、天候だ。例年、エベレストでは、登山者が登頂を目指せる比較的穏やかな天候の日が、5月に10~15日間ほどある。しかし、今シーズンはサイクロンの余波を受け、シェルパ隊が登山者のためにあらかじめ設置する固定ロープの完成が数日遅れた。5月14日に登山ルートが山頂まで開通した後も、天候が安定せず、登頂に適した期間がさらに短くなった。

シェルパ達に、全てのルート工作・キャンプ設営をさせて、
その間欧米企業人はBCで贅沢三昧・・・急ぐならお前等も現場で動け!

5月19日ごろには、天気予報が完全に変わった。それまで最高の条件だと考えられていた5月24日が、最悪の条件に突如変わったのだ。風速が30メートルに達するとも予想されたため、多くの登山隊は5月22日か23日までに登頂に挑戦するよう日程を変更した。 

当然どの隊も、条件の良い日を選ぶ。

〔ラッシュアワーを避けるという新たな戦略〕
2019年シーズンの最終的な公式のエベレスト登山者数はまだ発表されていないが、登頂者数の点では、今年は記録的なシーズンになるだろう。最新の報告によれば、今シーズン、ネパール政府が最多記録となる381通の許可証を発行したほか、許可を受けた登山者およそ140人がチベットから登頂を目指した(山で働くプロのシェルパは、この集計には含まれていない)。アラン・アーネット氏の報告によると、シェルパを含めた今年の登頂者の非公式記録は700人を超えるという。最多記録は802人で、2018年に樹立された。

中国は、許可証の発行数をはるかに少なくすることで、中国側のエベレスト混雑の問題を最小限に抑えている。

ジョンズ氏は、一部のガイドサービスの質にも言及する。「エベレストについて概観したとき、私が最大の問題と考えるのは、経験の浅い人や実力のない人を引き受けて登山させる地元企業です。関係者は耳を塞ぎたいでしょうけれど」

地元企業とは・・ネパール資本の商業登山会社を指す。
欧米の商業登山会社がそれ程立派か? シェルパと客から搾取して、今が有るのだ。
それに気付いたシェルパ達が起した会社だ・・・

今年8000メートル峰で亡くなった21人の登山者のうち15人は、国際ガイドサービスの顧客ではなく、ネパール人が主催した登山隊の顧客だった。

6人は、欧米の商業登山会社で死んでるし、過去にも大事故を起してるではないか?

「私たちは、どうやって混雑を避けるか、常に戦略を立てています」と同氏は説明する。「キャンプを発つ時間を数時間早くまたは遅くすると、まったく違う一日にできるのです。これがエベレストに関する決断のもう1つの面です。欧米のガイドサービスは互いに連絡を取り合っていますが、その他の事業者は違います」

キャンプを発つ時間調整等は、混雑時は当然の事で、戦略等と言うもので無し。

これはデリケートな問題だ。ネパールの登山産業は儲かるため、
欧米のガイドが長く独占してきた。
ネパール人オーナーの企業が大きく進出し始めたのは、
わずか過去10年ほどのこと。
主に外資系企業よりも料金をはるかに低くすることで、
顧客の望みに応えたのだ。

混雑が直接の死因ではないとしても、登頂に要する日数が長くなりリスクが増す原因であることに疑問の余地はない。エベレスト登山の力学を完全に変えてしまったのだ。

今シーズン、ネパール側からエベレストに挑んだドイツの登山家デイビッド・ゲトラー氏は、無酸素登頂を試みたが、結局、山頂まで200メートルの所で引き返さざるを得なかった。混雑によるリスクを許容できないと同氏は判断したのだ。
「たとえ今すぐ下山したいと言ったとしても、ほかのすべての下山中の人の列に並ばなければならないのです。体を暖かく保つのに十分な速さで動くこともできません」と同氏は説明する。「それは取るつもりがなかったリスクであり、大惨事につながる可能性が非常に高いものだったのです」
ゲトラー氏はこう続ける。「期待していたのは体験です。エベレストに行って、混雑や技術に不平を言うのは本意ではありません。私たちプロが、こうした場所の探索がいかに素晴らしいかということを、世界に伝えているのです。当然、混雑するでしょう」

ベン・ジョンズ氏もエリック・マーフィー氏も、10年以上もの間、顧客と共にエベレストに登ってきたことに触れ、否定的な報道が続いていることを嘆く。「人間関係を築けば、その目標を達成するうえで培った友情は特別なものになります」とマーフィー氏は語る。
家に帰ると、友人や家族から、現地で何が起きているのかを聞かれます。彼らが耳にするのは、毎年報道されるこうした否定的な内容ばかりだからです。しかし、それは真実ではないと私は思います。とジョンズ氏。「登山で悪い結果を招くのは、1つの決断ではなく、判断ミスを重ねることなのです」


この記事を読んでの感想
エヘレスト登山を、欧米の商業登山会社が仕切ってる様に思える。
シェルパ達の支援無くしては、アイスフォールの通過も出来ないし、
商業登山が成立しない事を忘れてませんか?


****************************

エベレストから4人の遺体を移送、プラごみや捨てられた登山具10トも  

6月2日 AFP】世界最高峰エベレストで春季の登山シーズンが終わるに当たって、ネパール当局は先月末、登山者4人の遺体を収容し、ごみ約10トンを回収したと明らかにした。

エベレストでは、地球温暖化で解けた氷河から遺体やごみが表出している。
ごみは、商業登山がブームになり、大金を払って登山に参加し、自分が残して行くものにほとんど注意を払わない人々が増えたこの数十年の間に蓄積したものだ。

報道によると、先週、4人の遺体がヘリコプターで山から搬送された。
ネパール観光局のダンドゥ・ラジ・ギミレ局長はAFPに対し、この4人の身元の特定が進められていると話した。

ネパール政府が派遣した総勢14人の部隊は、約6週間にわたり、ベースキャンプと標高8000メートル近い地点にある第4キャンプで、空き缶や瓶、プラスチックごみ、捨てられた登山用具を回収。軍のヘリコプター数機とシェルパらの協力で、エベレストのルートで最後に位置する大きな村ナムチェバザールにごみを移送した。
利用率の高い登山ルートには、蛍光色のテントや捨てられた登山用品、空のガスボンベ、さらには人の排せつ物が散乱している。
清掃部隊のリーダーは、「エベレストをきれいにするため、この事業をあと数年、
特に高地のキャンプ地で続ける必要がある」とコメントした。

ゴミ問題に関しては、投棄を防ぐ為に既に登山隊1隊に付き、
3000$のデポジット料を徴収してる。持ち帰れば返金される仕組みだが・・・
商業登山会社の多くの隊は、荷下ろしする手間よりは、楽な道を選ぶのが現実。
この春政府は36隊に登山許可を出してるので、36隊×3千$の仮収入が有ったはず。
自力で一部のゴミを下ろした隊に、幾ら返金されたかは判らないが・・・
商業登山の一人当たりの料金(7百~1千万円)には、既にこの分も含まれてるのだ。

空に為った酸素ボンベ(約1キロ)も、大量に捨てられてる・・・
持ち帰れば、詰め替え用として約100$で売れるらしいのだが、
そんな余裕が無いのが8千mの環境・・・

デポジット料を更に値上げし、持ち帰らないと損だと思う様な設定にしないと、
投棄は減らないのでは・・・


****************************

この春にチベット側から登頂した、平岡ガイドの見解です。

RYUSEKI EXPEDITIONS

昨日までに全隊員が帰国し、全てのスタッフが家に帰りました。
「エベレスト登山隊2019チベット」無事終了しました。
今回は、全員登頂とはなりませんでしたが、状況の悪い中、5月23日に、Mさん、
ニマ・カンチャ・シェルパ、平岡竜石の3名が頂上に立つことができました。
そして、何よりも全員が無事下山できたことが、嬉しいです。
ニュースで報道されているように、今シーズンのエベレストの死者数は11人となりました。
ネパール側が9人、私達が登った中国チベット側が2人です。
例年ネパール側と中国チベット側を併せても、5~6人程度なので、
非常に厳しいシーズンだったと言えます。

今年のエベレストは、冬季の積雪が少なく岩の露出が多く、ルート状況が厳しかったのに加えて、
シーズン前半にサイクロンの襲来などもあり、天気が不安定だったので、
登頂が例年より1週間程度遅くなって、登頂のチャンスが少なくり、
ある特定の登頂日に登山者が集中しました。 報道されているように、
私達が登頂した5月23日は、天気予報も良く、登山者が集中して、渋滞が発生し、
私達も非常に時間がかかりました。

しかし、中国チベット側は、既に今年から入山制限をしており、ネパール側に比べると、
まだましだったようです。
ネパール側で9名もの死亡者が出た要因として、今シーズンの登山許可数が381人と、
過去最高を記録していた事が挙げられるます。
報道されているような死亡事故などは、本人の体力や、技術や、経験の不足が、
最大の要因になっていると思います。 それに加えて、
登山隊や現地エージェントの質の問題があります。

近年、シェルパがガイドとして自立して働くようになってきました。
それはとても良いことなのですが、未だ玉石混交なのが実情です。
それに伴い、ネパールのエージェントも独自でエベレストの登山隊を募集するようになったのですが、
その中で安い価格を売りにするエージェントも多く見受けられます。
安い価格のエージェントの中には、粗末な装備を使用して、
あまり経験が無いシェルパをガイドとして雇用することにより、
経費を節約して価格を安くしているケースが多々あります。
山の状況も良く、天気も良く、混雑もしていない状況で、順調に登山すれば、
特に問題無く登頂もできるでしょうが、今年のように状況が厳しく、天気もあまり良くなく、
混雑して時間がかかると、各人各隊の悪い所が露呈して、最悪の場合、死に至っているようです。
その反面、同じ状況であっても、多くの人は無事登頂し、下山しているのも事実です。
死亡した方の多くは、ある特定のエージェントに集中していて、それらのエージェントでは、
死亡者だけでなく凍傷者やその他のケガ人も多く出しています。
これからエベレストを目指される方は、是非、ちゃんとしているエージェントを選んでください。
毎年のように死亡者を出しているエージェントには、潜在的な問題があり、近寄らない方が無難です。
料金が安くても、1回で登れなくて2回3回と回数を重ねるのでは、トータルで高くつきますし、
死んでしまっては元も子もありません。
ちゃんと準備をして、ちゃんとトレーニングを積んで、
経験豊富な良いシェルパと一緒に登山すれば、
安全に楽しくエベレストに登ることができるでしょう。

写真は、2019年5月23日のエベレスト頂上の、ニマ・カンチャ・シェルパと私です。
ニマ・カンチャ・シェルパとエベレスト頂上に立つのは、これで3回目です。
http://ryusekiexpeditions.com/post-2203/