6月21日
先週に続き、今年2回目のヨット講習。
今日も受講者1人に、指導員3名と管理者。他に受講者が居たら励みに為るのだが・・・
指導員から、今日はスピードが出る、“シーホッパー級”に乗ろうと言われる・・・
今まで乗ってたのは、一人乗りの“オプティミスト級”で、船首が箱型で平底・帆も小さく、
スピートが出ない挺だ。
これが、一人乗りの“オプトミスト(OP)級”ヨット(参考画像)
Optimist-yacht


今日乗ったのは、この画像の挺。一人乗りの“シーホッパー級”
race1
船首がトンガリ、V底で喫水も浅いし帆もデカイ・・・如何にもスピードが出そう・・・
艇庫から台車に載せて運び、浮き桟橋傍で偽装(組み立て)、
ロープ類の通し方が、OP級と違い複雑だ・・・
4人で持ち上げて水面に浮かべ、舵(ラダー)とセンターボートをセット。

愈々、
横風を受けて自力帆走だ・・・速い!! OP級とは、比較に為らぬ速さ・・怖さが・・・
舵を押してタッキング、何回か繰り返して桟橋を見ると、管理者が手招で帰って来いと。

浮き桟橋への着挺は、教本通りに上手く出来た・・・岸に上がると・・・
管理者曰く、風上に登り過ぎた時が有り、タック時に、もう少し風が強かったら、
あの操挺の仕方では、転覆すると・・・OP級と違い、挺速が速くて夢中でやってた・・・
ショックで落ち込んでると・・・指導員の1人が、タックは怖がらすに一気にヤレと・・・
それに、帆走中の舵がフラフラしてるので、進む方だけ見ずに舵の向きも見よと・・・
片手で帆のロープを持ち・片手で舵だ・・・タックの度に、これが逆に為るのだ。
頭では判ってるが・・・この操作をしながらの、体重移動も伴う・・・難しい・・・

続けて1時間も乗ってると・・・クタクタに為る・・・来週も、滅気ずに頑張ろう!!!

今日は『父の日』だった。妻から、“SUNTORY PREMIUM MALT'S”1箱。何時も安缶飲ませてるからとか・・・(呑兵衛としては、安缶2箱の方が・・・)
娘からは、滋賀高島ちぢみ織りの夏パンツ、小2の孫が選んだと言う花火柄だ・・・
肌ざわりが良い生地だとか・・・正に“玉屋~~”である・・・