海彦・山彦の白秋日記

ヒマラヤに在る仏塔に描かれた、真実の目。

10月1日
解禁日の十和田湖へ“姫鱒”釣りに・・・結果は・・・初めてのボウズ(T_T)。
張り切って出掛けたが、発荷峠を降りて和井内の湖畔に着くと、付近一帯は大工事中です。
古い観光案内所と駐車場が在った処に、建築中の建物、駐車場は工事車両専用スペース。
噂では、“道の駅”が出来るらしい・・・
和井内桟橋で釣る予定だったが、桟橋前の車が10台位置けるスペースにも大型重機が・・・
重機の運チャンが、“工事中で、立ち入り禁止”だと言う。ここを通らないと桟橋へ往けぬ。
桟橋の画像は昨年の物、今年は1.5mほど水位が高い。
2019_10140005
これでは、ここでの釣りは出来ない・・・車が置けて釣れるのは、大川岱の桟橋か?
5分ほど北に走り、大川岱の駐車場へ・・・釣り人の車がいっぱい止まってる。

準備して、桟橋へ・・・10人位が竿を出してたが・・・釣れる気配は全く無し。
浅瀬を泳ぐ姫鱒の姿も見えず・・・隣の方が、傍の大川沢の流れ込みに行って見ると・・・
30分位経って戻って来た、15人ほどが餌・ルァー釣りをしてたが、誰も釣って無いと。

釣り始めて2時間、8時を過ぎた・・・そろそろ漁協係員が入漁料千円を徴収に回る時間だ!
まだ姫鱒が接岸してないと判断して、釣りを諦めて帰る事に・・・


家に戻り、漁業組合のHPを見ると・・・以下のお知らせが・・・

禁漁区域のお知らせ

遊漁者の皆様へ  ~  一部区域での禁漁のお願い  ~
9月に入り湖水温度が例年より高く、十和田湖ひめます親魚の回帰が遅れており、ふ化場前に寄ってくるのが遅くなっております。
十和田湖ひめますの増殖漁業の観点からも、親魚の確保は不可欠であります。
つきましては、十和田湖ひめますの親魚の確保ができるまでの間、次のエリアを禁漁区域として、遊漁を規制させていただきます。
遊漁者の皆様には、ご不便をお掛けいたしますが、なにとぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。
■ 禁漁区域と禁漁期間

1.禁漁区域金木森から一夜島を結んだ線の南側(ふ化場側)
2.禁漁期間令和2年10月1日(木)から令和2年10月7日(水)まで
なお、十和田湖ひめますの親魚の確保量によっては、延長する場合があります。


水温が高く、産卵の為の接岸が遅れてる模様。釣行前にチェックするべきだった・・・
当面の禁漁区域は、下図の緑線の湖畔だ・・・
例年禁漁区域は、
赤線部分の約100mの区域だけなのに・・・
が姫鱒孵化場で、青線の沢水で孵化養殖をして、稚魚を春に放流している。
鮭科の本能で成魚が産卵の為に、この沢水の匂いを嗅ぎ分けて戻って来るのだ・・・
姫鱒は、紅鮭の陸封された個体を言う。

IMG_0001
例年の禁漁区域は、赤線の範囲です。
浮きブイで表示されてますが、今年はブイが無かった。7日以降に設置か?
IMG
青線表示の沢水が孵化場を通って、湖畔に注ぐ処には魚道が有り、登って来た姫鱒は、
自動的に孵化場のプールに導かれる仕組みです。

今は使われて無い和井内桟橋ですが、桟橋の脇に見落とす様な小沢の流れ込みが有り、
これが孵化場を通る沢水と、同じ沢からの分水なのです。なので間違えた姫鱒が、

ここに姫鱒が集まるので、桟橋から楽に釣れる場所、過去2年ここで釣ってました。

孵化場の“お知らせ”を見る限り、成魚が集まれば、8日からは禁漁区域が解かれます。
土木工事が休みの、11日(日)が狙い目か???
の前に、8日から禁漁が解けるのか? 漁協に確認する必要が有りますね・・・

今年は水位が、去年より1.5m近く高い。去年は紅葉が始まってたが、今年はまだ・・・




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ