海彦・山彦の白秋日記

右奥 マカルー峰 8463m  左 イムジャツェ峰 6189m 4月7日登頂

カテゴリ: 八幡平 (山スキー登山)

9月28日
紅葉見物と体力測定が目的で、三っ石山に登りました。
例年9月20日過ぎ頃が、紅葉のピークなのですが、今年は冷え込みが少ないのか?遅れ気味。
7時半に家を出て、一路八幡平見返り峠を目指します・・・
朝霧が掛かり見通しが悪かったが、徐々に消えて周囲が見え始めると・・・
田圃は稲刈りが進んでる・・・コンバインで刈った後が殆んどだが、
中に稲架掛けの田も・・・売り物は機械で刈り、強制乾燥させて出荷。
自家用は、手間が掛かるが、天日干しでジックリ水分を飛ばし・・・美味い米になる図式。

見返り峠に着くと・・・南側のモッコ岳の山頂が色付いてます。
(全ての画像は、サイズを落とさずに載せてるので、クリックして紅葉を見て下さい)
2019_09280001 パノラマ写真

見返り峠から、岩手県側の松川温泉へ樹海ラインを下って行くと・・・
下倉スキー場のコースを横断するが、その手前のカーブで、熊が道路を歩いてました(・o・)
慌ててブレーキを踏む・・・ガードレールを「ヨッコラショ」と乗り越え、林へ消えた。

松川温泉に近着くと、三っ石山の山頂が見える処が有り・・岩が3つ有るのが山名の由来。
山頂付近が紅葉してます~~ この山は周りの山より標高が低いが、風の通り道なのと、
山頂部に紅葉し易い楓系が密生してるからか・・・
2019_09280004
松川温泉に着いたが・・・既に上下2箇所の駐車場は満車、道路脇も車ダラケ・・・
29日の日曜日は、曇り雨予報なので、皆さんこの日がベストだと集中の様です。
紅葉時期だけ人気の山です・・・登山口に近い下の駐車場に何とか止めて、即準備です。
9時半スタート、山頂まで約4.7キロ・標高差640m・コースタイム2時間30分です。

2019_09280005
途中に“泥濘や洗掘”が有るので、いつものスバイク付き磯釣り用のブーツ。
尾根に上がるまでは、こんな階段の急登が45分も続きます・・・すぐに・・・汗ダグ。
2019_09280006
階段を登って行くと・・・ドングリの枝が大量に折られて、地面に落ちてる・・・
葉の枯れ具合から1.2日前の熊の仕業だ・・・今年はブナの実が不作の年、熊も大変だ・・

登山道の中間地点の分岐までの間に、途中一回の水補給でザックを下ろし、水と一服。
分岐を過ぎると涸れ沢を二箇所超えて、洗掘や木道歩き・・・木立が邪魔で景色見えず。
2019_09280007
三っ石避難小屋に11時半到着、2回の一服入れてもここまではコースタイム通り2時間。
人ダラケで小屋で休む気になれずに、そのまま山頂に向かうが・・・
狭い登山道に、登り・降り人々々・・・岩混じりの急登で交差もままならず・・・
途中の岩場に“血糊”がベッタリ付いてました・・・降りで杖付いてガクッと為ったのか?
岩混じりの急な降りは、両手を自由にしないと、顔面から落ちます、良く有る転倒事故。

ナンチャッテガイドに引率された30人程が、多数の登りを無視して一団で降りて来ました。
前を登ってた年配のお嬢さんが「登り優先なのにねぇ~」と、呆れ顔です。
奴等も一々道を開けてたなら、何時に為ったら降りれるのか?と、判断したのかも・・・
思わず最後尾の引率ガイドに一言、「馬鹿タレ何処のガイドだ、登り優先だ、何考えてる!」
ガイドが大声で「道開けて・道開けて~」、この程度のガイドでも、日銭が貰える不思議。
避難小屋→山頂のコースタイムが30分だが、この混雑で結果1時間掛かって到着でした・・

山頂への途中から、背後の岩手山です。
2019_09280009
最初に現れた紅葉、東側の眼下に三っ石避難小屋が見えます~
2019_09280010
2019_09280011
登山道左側の紅葉
2019_09280012
2019_09280013
登山道右側の紅葉
2019_09280014
三っ石山頂、北側の小モッコ山も山頂部が紅葉~
2019_09280016
2019_09280017
山頂部の紅葉、楓系と笹・這松が綺麗です~これを見る為に、汗ダグを我慢して・・・

2019_09280015 パノラマ写真
高山植物保護区内で飯を喰う馬鹿タレ共・・・登山客に注意されてたが、動く気配なし・・
「石の上に座ってる」と、・・・一言と思ったが形振りを見て、言うに値しないレベル・・
2019_09280019

西側の景色。奥の尖った山頂は岩手県人が言う“烏帽子岳”、山頂が県境だか・・・
秋田側から見る秋田県人は“乳頭山”と呼ぶ。乳首に見える秋田県人はエロいのかナッ?
当然小生も、乳頭と呼んでるが・・・最奥の山は“秋田駒ヶ岳山塊”
2019_09280020
岩手山
2019_09280021
2019_09280022 パノラマ写真
2019_09280022
2019_09280027 パノラマ写真
2019_09280023
北側の景色。手前は小モッコ山、奥は大深岳と源太ゲ岳
2019_09280027
2019_09280028
2019_09280029
2019_09280030
2019_09280031
2019_09280032
西側をパノラマにすると・・・
2019_09280029 パノラマ写真
朝から風もなく、薄曇りの穏やかな一日でした。
2019_09280033
混雑で山頂に着いたのが12時半、スタートから3時間後でした。
まだゾロゾロ登って来ます・・・おにぎり1個と甘い和菓子2個を喰い、1時に下山開始。
避難小屋までの間は、人々々・・・格好も様々、林道が上まで伸びてからは、犬まで登山。

混雑する小屋を素通りして、来た道を一目散に・・・
腰の“熊尻皮”が長く・・・先日洗濯したばかりだったが、下山中地面に擦れて・・・
2019_09290001

裏地がドロだらけに、膝上に切るのは勿体無い、やはり冬専用だ・・・

分岐点を過ぎて、愈々階段降りの手前の倒木で一服入れる。水を飲み二服、生きた心地だ。
水消費は500mlペットを2本持参したが、1本半で終了。3時に車着、5時過ぎに帰宅。


さて今回の目的で有った、体力測定だか・・・
山岳本のコースタイム往路 登山口→小屋2時間 小屋→山頂30分 計2時間半 
          復路 山頂→小屋20分 小屋→登山口1時間20分 計1時間40分
実タイム(一服二服込)往路 登山口→避難小屋2時間 避難小屋→山頂1時間 計3時間
           復路 山頂→登山口 2時間 
(避難小屋⇔山頂間の混雑を割り引けば良しなのか? 駄目だ!!! 弱ってる。)

過去の記録 '16年・'17年は、途中の一服を何回も入れて、登山口→山頂が2時間10分台。
特に登山口→避難小屋間は、1時間40~45分台で登ってるのだ・・・
年々体力が落ちてる、運動らしい事は何もしてないのが実態だ・・・
冬の山スキー時期迄に何とかせねば・・・スクワットでも始めるか~~ 


次の遊びは、10月1日解禁の“十和田湖・姫鱒釣り”。
夜明けからが解禁なので、場所取りしないと釣り場が無くなる・・・前夜車中泊で。

4月20日

奥羽山脈の八幡平を横断する山岳道路が、4月15日に開通予定でしたが・・・
15.16日は吹雪で閉鎖、17日に八甲田に向かう車の中で、今朝から開通と聞く・・・

八甲田の山岳道路は、十和田湖から来る定期バスが今日(20日)から走ります。
睡蓮沼や谷地温泉に滑り込んでも、バスで車に戻れます。
悩んだが・・・3月3日(八幡平・樹氷・山スキーで)以来の八幡平に・・・
歩いて登らずに、楽するコースを選択です。

山頂駅行きの定期バスが、今日(20日)から走ります。
一日2便のみですが、蒸ノ湯温泉に車を置いてバスに乗れば、360円で山頂駅です。
山頂から蒸ノ湯温泉までは直線で約4キロ、スキーで5キロは滑れます。

バス通過時間に合わせて、9時過ぎに家を出る・・・
天気予報では・・・晴れ後曇り・風強し、でしたが・・・、
蒸ノ湯に着くと、風は轟々・・・雲の流れ速しで、冬装備に着替える・・・

バスの乗客は4人のみ・・・車窓から見る積雪は平年並みか・・・
イメージ 1


山頂駅から、八幡平山頂までは登りで20分ほど・・・
ロッカー板に半シールで登り始めたが・・・雨後の凍結でガチガチです・・・
北西風が強く、帽子が飛ばされそう・・・フードを被る。


今日のメイン・・・鏡沼がどうなってるか? だだの窪地でした・・・残念!!!!!
イメージ 2



16年5月の鏡沼。最近ドラゴンアイと呼ばれてますが、目玉親爺です。
イメージ 3



奥羽山脈の南側、小モッコ岳以外は雲の中・・・岩手山も秋田駒ヶ岳も展望なし。
                                
イメージ 4



山頂展望台と、スキーツァー用の300番標識が見えました・・・
イメージ 5



八幡平山頂です。展望台左の山頂標識は、頭だけが露出・・・
イメージ 6


展望台の上の雪は融けたものの、山頂標識が前回より雪に埋まってます・・・

                           3月3日の画像
イメージ 7



山頂西側の籐助森。ここまでは、ほぼ平らなのでシールのまま向かう・・・
雲行きが怪しく・・・風裏でシールを外し、即滑走・・・
イメージ 8


青森トド松の間の、良さそうな処を選んで、ガリガリ鳴らして滑る・・・
実は昨日、エッジの掛が無く為った気がしたので、88°で研いだばかりでした、
流されずにいい具合・・・
日差しが当り、ザラメならウロコ板のつもりでした・・・


焼山山塊をズームで・・・
イメージ 9



トド松帯は、まだガリガリバーン・・・
イメージ 10



180番標識が有る、岳樺の混合林付近まで標高が下がると・・・
実にいいザラメ雪でした~
林の中は風も弱く、板を外して・・・テルモス珈琲タイムと決め込んだが・・・
突然の突風で、雪に刺してた板の1本が転倒・・・
ストッパーが付いて無いTLT金具なので、アッと言う間に流れて行く・・・
20mほど流れて、運良く岳樺の立ち木に衝突し・・・引っ繰り返って止まった・・・
格好付けて板を刺しては駄目だ・・・セオリー通り、板を返して置かないと。


予定では、蒸ノ湯から2便目のバスで、もう一回滑るつもりだったが・・・
余りの寒さと向かい風で・・意気消沈・・後生掛温泉に漬かり、生き返って帰宅。

3月5日(火)

今日も、ド晴れの予報でした。

3月3日に八幡平山頂へ登った時に、八幡平・樹氷・山スキーで
隣りの〝焼山山塊〟が綺麗に見え、其の内に・・・と、思ってましたが・・・
今日、朝飯後に急遽向かいました。


3月3日に撮った、焼山山塊の画像です。国見台は手前の山。
イメージ 25


焼山山塊の登り口は、後生掛温泉裏からが一般的ですが(夏道)・・・
温泉200m手前の、秋八スキー場への道路分岐から取り付きます。


冬季閉鎖の八幡平山岳道路・アスピーテラインの除雪が、今日から始まってました。
ロータリー除雪車2台で、唸りを上げて雪を飛ばしてます・・・
イメージ 1


後生掛温泉から流れ出る排水の小沢ですが、スノーブリッジを探して・・・
対岸に渡ります。トレールが有り難なく渡れました・・・
イメージ 2
このスキー跡主の話しは、後に出て来ます・・・


2・300mは沢筋を登り、左手の尾根に除々に登ります。
イメージ 3


行く手のブナの巨木には、爆弾が載ってます・・・真下を通らない様に注意して。
イメージ 4


広い尾根上を真っ直ぐに登りる・・・雪は絞まって春です。
イメージ 5


林間に目指す国見台が見えます・・・
イメージ 6


登るに従がい、国見台山頂が・・・
イメージ 7


林間にスノーシューの一団が、数日前に歩いた跡が・・・判りますか?
イメージ 26


カモシカも昨日歩いた様です・・・蹄を見ると下に向かってます。
イメージ 8


急斜面は、ジグ切って登ります・・・
イメージ 9


国見台の山頂が・・・
イメージ 10


            ↓八幡平スキー場の上部が見えます。  

イメージ 11

 


尾根上には、登った跡と滑った跡に遭遇。
3月3日に八幡平に登る時に、隣りに停まってた特長あるワゴン車に見覚えが有り、
声を掛けました。八甲田で見た髭面の精悍な単独男です。(調べたら2月18日の事)
「前に酸ヶ湯の駐車場に停めてたよねぇー」
「一昨日ここ来て、昨日は八幡平に登り、今日は焼山に往く」と・・・
ゲッ!2週間もスキー三昧の様です・・・
焼山は初めてらしく、取り付き口を教える。
スノーブリッジ手前の画像の、スキー跡は彼の物です。
ブリッジを越えて直ぐに、忠実に左の尾根に登ってました・・・ここで合流。
イメージ 12


振り向くと、八幡平山頂と小モッコ岳が・・・
                                ↓八幡平                            ↓小モッコ岳 
イメージ 13


間も無く、国見台山頂です。                   
イメージ 14


春霞に・・・秋田駒ヶ岳。
イメージ 15


                            小モッコ岳↓                       ↓岩手山の頭が・・・
イメージ 16


国見台山頂に到着、西には毛氈峠を挟んで〝栂森〟山頂が・・・   
イメージ 17


東には、八幡平から秋田駒ヶ岳に続く、奥羽山脈が・・・      
イメージ 18


秋田駒ヶ岳が・・・霞んでます・・・
イメージ 19


真下に後生掛温泉の〝ドロ火山〟が見えます・・・熱いので雪が無いですね。
イメージ 20


今日の装備
イメージ 21


国見台山頂で、豪華な昼飯?? ミニパン2個を喰い、プシューを1本。
ミニパン3個は帰路の遭難用に喰わず、足を折ったりした時に一晩過ごせる様に。
勿論ツェルト・スノーソー・非常食・替手・靴下は、日帰りでも常に持参ですが・・
イメージ 22


食後シールを外し・・・滑走・・・雪は絞まってて、いい具合。


無風快晴れで、余りにも気持ち良く、途中で一休み・・・
板に載った雪が日差しで、直ぐに融けました・・・
イメージ 23
休んだ処に〝岳樺〟の古木が有り、剥げ掛けた皮が沢山ぶら下がってた・・・

山嶽部時代泣かされた〝サバイバル訓練の焚き火〟を思い出した・・・
岳樺の皮は、油分が多く、濡れてても直ぐに火が着き、
火力が有り黒煙を上げて燃えます。それを火種に、雪の上でも焚き火が可能です。
大規模な焚き火をすると・・・熱で火床が下がり、輻射熱で擂鉢状に雪が融ける・・・
風が防げ、一晩位は楽に過ごせます。スノーソーを持つなら、木が切れる品質(刃先)の物を
今では自然保護ナンチャラで、こんな事は教えないだろうが、凍死するよりはマシ。
冬の樹林帯での身を守る術として、知ってて損はないだろう・・・

数年前に、八甲田で山スキーの同輩爺に会った、ザックにはワカンが結ばれてた。
板・金具が破損した時に備え、昔はそうする様に教えられたものだ・・・
冬の八幡平で会った同輩爺のサイドポケットには、折り畳みの鋸が~聴かずもがなである。
携帯やGPSを持つ前に、遣らないといけない事が有る気がするが・・・





帰路 田代岳が綺麗に見えました・・・
イメージ 24

次の晴れは、どこの山へ往きましょうか・・・講習会の予定も有るのだが・・・

3月3日(日)

前日の天気予報は、〝晴れ〟でしたが、この冬は予報に騙され、
思う様な山行が出来ずにいました・・・

先日、山スキー一式(板・金具・シール・靴)を、22万円也で、
ディナフイット社製で新調したお金持ちと、テスト山行の約束をしてました・・・

今朝起きて、6時に天気予報・ライブカメラのチェック。
予報は3社◎マーク、カメラは秋田駒ヶ岳山頂丸見えです。
八幡平スキー場カメラは、既に登ってる人が映ってて・・・

6時半に迎えに来て貰い、八幡平へ・・・下界は放射冷却で霧が濃く・・・

スキーに着いて準備し、リフト運転前なので、場内をシール登行。
何か見覚えのある御仁も登ってます・・・
イメージ 1


スキー場を直登中・・・GW並みの日差しで、頭から流れる汗が目に入る・・・
イメージ 2


スキー場を登り詰めると・・・背後に焼山山塊が・・・ここも山スキーに良い処。
イメージ 3


スキー場の頭から、蒸ノ湯駐車場に滑り降り、夏の登山道の急登で又も汗だぐ・・・
途中でゴァツナギのサイドジッパーを、肘から膝まで開放してクールダウンです。


この辺の樹氷は落ちてますが・・・背後には焼山山塊が、奥に森吉山も望めます。
イメージ 4


登るにつれて・・・樹氷の残骸が出現・・・前日と今日の登山客の足跡が・・・
イメージ 5


鹿角山岳会が募集した〝樹氷見物ツァー〟の一団も、前後して登ってます。
中に元職場の同僚も居て、山で会うのは一年振り・・・       
イメージ 6

                                
イメージ 7


イメージ 8


標高が上がると・・・樹氷がまだ生き残ってます・・・
イメージ 9


八幡平と言う名の通り・・・山頂近くに為ると・・・タイラです・・・
吹雪かれるとアウトですねぇ・・・
イメージ 10


右手にボンヤリ 秋田駒ヶ岳が見えます・・・
イメージ 11


岩手山も見えて来ました・・・
イメージ 12


籐助森1604mに来ると、八幡平山頂が目の前です。
イメージ 13


山頂の標識柱が見えます。                    
イメージ 14


山頂に着きました・・・
夏は青森トド松林の中で、見通しが無いので木組みの展望台が有ります。
八幡平の標柱は5m物で頭が1m少し露出してます・・・積雪は平年並み。
イメージ 15


山頂からの岩手山
イメージ 16

                               
イメージ 17


遠くに、八甲田連峰が・・・
イメージ 18


無風快晴なので、山頂で昼飯を喰い、小1時間休み・・・
籐助森でシールを外し・・・滑走です。


観光道路の、蒸ノ湯駐車場まで戻って来ました。トイレ棟は雪の中・・・
イメージ 19


ここでシールを再装着して、スキー場トップに登り、トップでシールを外し・・・
スキー場を滑って・・・終了です。

調べて見たら、この時期に、こんなド晴れの日登ったのは、
2012年2月22日以来でした・・・おかげで日焼けして、早くもガン黒に・・・

次回の山行時は、汗対策の鉢巻きが、忘れられない時期に入りました。


12月11日
秋田八幡平で初スキー。
例年11月の20日頃から滑走可能でしたが、今季は降雪が無く駄目でした。
今回の寒気で一気に積り、今朝は下界も穏やかな晴れでした。
家の除雪後に、スキー場のHP・ライブカメラを見ると、晴れてます。

朝食後に、泡喰って板2本・靴・ストックを積んで出発です・・・
途中 シールを積み忘れた事に気が付いたが後の祭りです・・・
毎年シーズン初めは、リフトに乗らずにシール登行して、体力チェックなのです・・

雪道の運転も今季初・・・タイヤが新品なので不安は無いが、
4駆に切替えて慎重に登ります。

標高900mの秋田・八幡平スキー場に着くと、車が10台ほど・・・
ハウスで靴を履き替え、スキー滑走に専念すべく、シニア券1800円購入。

ゲレンデはガラ空きです・・・客は10~15人ほど。
イメージ 1


積雪は90cmで、沢は埋まってませんが、ぶな森コースは圧雪されてました。
実は今朝は5時に目覚め、ライブカメラを見ると・・・
暗闇に圧雪車のライトが映ってましたので、OKだなぁ~と思ってました。
イメージ 3


ゲレンデトップに立つと、西側の〝焼山山塊〟が・・・
風は無いが、強烈な寒さでした・・・体が慣れてないのか・・・
イメージ 2


圧雪コースを1本滑り・・・余りの寒さに、車に戻りダウンを着込む。
イメージ 4


圧雪にロッカー板は合わないので、
2本目からは、無圧雪の隣りのコースを滑る。サラサラ雪です~~
イメージ 5


履いた板は、センター105・トップ135のこの板。
刺さらす、浮いていい感じで滑れます。
イメージ 8


殆んど一人で喰いました・・・
イメージ 6


2時半で止め、隣の後生掛温泉で〝生き返って〟・・・帰路のブナ林です。
イメージ 7


シール忘れたお陰で、こんなにガッッリ滑ったのは、何年振りか・・・

八甲田・酸ヶ湯の積雪も150cmを超えたらしい・・・
次の晴れは、八甲田散策の予定。

5月12日

庭の水仙が終わり、石楠花が満開です。
イメージ 1


晴れ予報だったので、八幡平山頂付近の〝ドラゴン・アイ〟を見ながら、
最後のスキーへ出掛けました。

土日は、山頂まで路線バスが上がるので、それを使って〝楽チン山スキー〟です。
蒸ノ湯駐車場で準備して、11時22分のバスを待つ。
盛岡から来たと言う、ショートスキーを背負ったペアと立ち話をしてるとバスが・・
車窓から滑るルートの雪の残り具合を見ながら・・・何とか下まで滑れそう。
360円で山頂バス停へ・・・

50mほど歩いて雪の上へ、今日は山頂まで20分の登りが有る。
シールで登る距離でもないので、先日八甲田で活躍した〝なんちゃってウロコ板〟。
竹標識が山頂まで付いてます、これは環境省が設置したもの。
イメージ 2

竹標識が此れでもか・・・位に立ってるのでガスの日でも、長靴が有ればOKです。


〝鏡沼〟に出ました。旧噴火口に水が溜まったもの。底には氷の上に積もった雪。
それに周囲の雪解け水が溜まり、不思議な光景・・・       
イメージ 3


これが〝ドラゴン・アイ〟と呼ばれ、ここ2.3年話題になってますが、
今年の出来は良くない感じ・・・
イメージ 4


イメージ 5


対岸からの〝ドラゴン・アイ〟、龍眼が寝惚けマナコです・・・
イメージ 6



ここで、三人組みの女子ボーダーの一人から声を掛けられる。
サングラスを取ると・・・あらら去年の秋に、三っ石山の紅葉で逢った美女!!!!
GWは鳥海も滑ったと言う。先に鳥海で・秋に三っ石で・そして今日、奇遇である。



’16年5月14日撮影の〝ドラゴン・アイ〟これを期待して往ったのだが・・・
葛飾北斎が観たら、興奮しただろうと思う・・・血走った龍眼に見えませんか?
それとも、ゲゲゲの鬼太郎の目玉親爺に見えますか?
イメージ 14


隣りの〝眼鏡沼〟片方はまだ雪の下でした・・・
イメージ 7


青森トド松林の中に、山頂の300番ポールが、この辺は樹氷原になる処です。
イメージ 8


階段は展望台、夏は林の中で景色が見えない為。
イメージ 9


八幡平山頂から水平に籐助森まで来ると、4キロの降り一方です。
ビンディングの踵を固定し・兼用靴もロックして、いざ!!! 滑り出すが・・・
雨後の縦溝ガンガン・変な雪の腐れ方、快適とは言えず・・・
イメージ 10


250番標識まで来ました・・・1番は八幡平スキー場の上に有り。
イメージ 11


150番辺り
イメージ 12


100番辺りに来るとブッシュを避けながら・・・彼方此方曲がって・・・
滑り易い処選びながら・・・

最後の道路が見える辺りからは、雪で倒れた根曲竹の上を滑ったりで四苦八苦。
夏道に出ました・・・50m位板背負って舗装道路へ。
イメージ 13


遅い昼飯を喰いながら、次のバスを待つ積りで居たが、風が出て来たので・・・
根性なく敗退宣言、後生掛温泉に浸かって帰宅。

八幡平も雪不足・・・残るは、鳥海・・・


3月4日

この冬初の八幡平へ
先日の雨と暖気で、樹氷は落ちてしまったろうが・・・往って見る事に。
予報では、昼までは天気が持つ様な話だった・・・昼からは雨の予報・・・

秋田八幡平スキー場(標高980m)に、8時過ぎに到着。
準備をして8時半に出発。

この日は、大団体と小団体がリフト乗り場前に集合してた・・・
ここのリフトには乗らないのが、俺流? 200円が勿体無い・・40分も登れば上だ。

スキー場の端を、只管直登する・・・シールの効きもいい・・・雪質は湿り雪。
急斜面はヒール2段にして・・・斜度により1段に切替えたりして・・・


振り返ると・・・秋田・焼山山塊、活火山で監視対象の山。
この裏が有名な玉川温泉だ。
イメージ 1

                               
イメージ 2


スキー場トップ(標高1200m)に着くと、大集団が体操をしてた・・・30人位・・・
ここから、蒸ノ湯の展望駐車場に一度降りる。


トイレが埋まってます・・・道路標識もこの高まで雪が・・・
ここ十年位で最大の積雪です・・・今日は標識旗を100本位背負って来ました・・・
吹雪けば役立つはず、今の時期は滅多に晴れないのが八幡平。
イメージ 3


夏の登山コースに沿う様に登ります・・・
スキー場トップが、山スキーツァー標識100番、125番まで登って来ました・・・
300番が八幡平山頂です。何故か山頂から滑って来ると見える向きに付いてます。
八甲田では、登って往くと見える向きに付いてますが・・・(こっちが正解では?)
イメージ 4


150番標識通過・・・後方は、焼山山塊、最高峰は栂森(1369m)。
小集団がスキー場トップから先行してて・・・スキー跡とシュー跡が前後してます。
イメージ 5


10時半だったので・・・板を外して一服してると、大集団の先発隊が通過・・・
中に元職場の鳥〇君が居てビックリ!!!  ツァーの募集に参加したとか・・・
テレマーク装備でした・・・当時はスキー場で遊ぶ程度と思ってたが中々です。


例年、この辺りから樹氷が観られるのだが・・・裸です・・・
この辺までは曇りで、天気は落ち着いてたが・・・
イメージ 6


籐助森(1604m)が見える頃になると・・・南西から強風が吹き出す・・・
風と共に飛んで来るトド松に付いた氷片が、顔に当り痛い・・・
イメージ 7


籐助森ピークの直前で、先行してたスキー&シュー男女混成小集団が降りて来る。
吹いてるので、山頂は諦めて帰ると・・・(見通しが悪く、正解ですね)
一人がスキー場登ってた方ですよね、旗で判りましたと。(リフトから見られてたか・)


籐助森(1604m)に着きました・・・樹氷の崩れた姿・・・12時です。
後15分程 雪原を歩けば、八幡平山頂(1614m)なのですが・・・
イメージ 8


しかし、帰路は風をまともに受けるし・見通しも悪く、一番危ない場所。
撤退する決断、刺して来た標識旗を探し・回収しながら・・・
雪面の凸凹も見え辛く、シールのまま滑る。


途中で登って来た奴らが、片手に持った標識旗を見て、回収してるのか? と聞く。
帰るから回収してると言うと、えぇ~~ と・・・(他人の褌で、相撲を取るな!!!)
次に大集団の後発が居た・・・無線で先発と交信してる。(進もうか?悩んでる様子)


ドンドン滑って、標識100番代の混合林の中に入ると、風も気に慣らず・・・
板を外して、一服・・・・ここまで来れば、一安心です。


蒸ノ湯温泉が見える処まで降りて来ましたが・・・小雨が降り出しました。
画像の中央が蒸ノ湯温泉の建物ですが、屋根まで雪に埋まってます・・・
沢を流れる源泉の湯気がモウモウと・・・此れほどの湯気は初めて見ました・・・
イメージ 9


スキー場のトップに上がる頃から、本降りの雨!!! ザァーザァー降りに・・・
トップでシールを外し、スキー場をイザ滑走・・・と。
処が、スキーのコースは一面の濃霧が立ち込め、幅も見えず・居場所も判らない。
ボーゲンで慎重に降り・・・やっとスキーハウスが見えて一安心。
車着が1時半、とっとと帰って来ました・・・

ザァーザァー降りの雨の中でスキーをしたのは、初体験(>_<)。

今日は、〝実にショッパイ登山〟でした~~

11月18日 待ちに待った季節到来です。

去年は、11月30日に秋田・八幡平で初滑走。その様子は今季初 山スキーで〝熊〟

この冬は、初雪が遅かったものの、4回目の降雪で根雪になりました~~
↓の画像は昨日の昼のスキー場カメラ画像、スキー場開きの日でしたが、
積雪30cmの為にリフトは廻らず・・・ハイクでのボーダーが映ってます。
イメージ 10


昨夜から雨が降ってたが、標高1000mでは雪と予想して就寝・・・
今朝(18日)は雨が激しく降ってたが、山は雪のはずと・・・スキー場にTEL。
「降雪中だが、リフトは廻さない。ロッジは開放・食堂は×」との事です。


9時過ぎに雨の中、出掛けました・・・標高800m辺りから道路に積雪が・・・
久し振りの雪道、4駆に切替えて慎重に・・・
ワダチが3本より無く対向車が来ると、互いに気を使いますが・・・
イメージ 1


スキー場に着いて、車内でアウターを着・靴を履く・・シールはロッジの玄関で。
雪は、超湿りの餅雪で、ベタベタとウェアや板にクッ付いて離れません・・・
イメージ 2


ボーダーが2人下の方で遊んでましたが、上に登る気配は無し・・・
板の上に乗った雪が重く、蹴っても雪離れせず潜水艦状態で雪の中を歩く・・・

コースの下にロッジが見えます、右側にはリフトが・・・
イメージ 3


積雪は処に因っては50cmほどで、ストックが半分も刺さる・・・
圧雪して無いので地山の形が判ります、良さそうな処を探しながら登行。
イメージ 4


さて、シールを取り・・・滑ろうとしたが・・・テールがギシギシと・・・
靴の前には膝まで雪が溜まり、止まってしまう・・・
昼はロッジに入りストーブに当らせて貰う、濡れたアウターから湯気が・・・
食堂が営業してたら、ワンカップと言いたい処だが・・・
CVS(コンビニ)で買った、サンドを喰う。


27度の斜面に向うと・・・冬毛に変わった〝黄金のテン〟が走って横断してる・・・
カメラは間に合わなかった・・・
兎は保護色で白く為るが、何故かテンは金色の冬毛に・・・
兎の天敵がテン、今日は兎の足跡は無かったが、餌を探してるようだ。
兎は毛が濡れるのが嫌いなので、降雪中は木の根元の雪穴に隠れてます。

テンの足跡
イメージ 5


重い雪にベロ垂らしながら直登・・・
イメージ 6


ブナ林にも、いい感じで雪が付いてます。
イメージ 7

イメージ 8


今日の道具
イメージ 9


湿り餅雪に体力を消耗した一日・・・圧雪されたら又来よう~~
6月以来、スキー板を履いて疲れたが、いい一日でした。
今夜も下界は雨・・・明日はリフトが廻るかも・・・


********************

11月20日 昼

スキー場のライブ画像によると、中央部を圧雪した様子です。
圧雪・非圧雪と、好きなコース取りが出来そうです~~
18日は湿り餅雪でしたが、その後の降雪で粉雪とか・・・
祭日・土日は混むだろうから、天気によるが24・27日頃は狙い目か???
イメージ 11


過去の八幡平登山は↓で。

9月22日
6月鳥海山以来の、久し振りの山行です。
汗が嫌で夏山を避けてたが、去年の絶景を思い出し再び・・・
天気予報は秋田・岩手共にド晴れマーク。

6時過ぎに家を出て、八幡平アスピーテラインから樹海ライン経由で松川温泉の予定。

アスピーテラインからの展望、遠くに鳥海山まで見えてます・・・            
イメージ 12


八幡平見返り峠から籐七温泉間が〝夜間通行止め、夜5時~朝8時30分〟????
時計を見たら7時55分なので、30分も待つのか・・・
単管バリケードをチョット移動し・・・路肩の補修工事でしたが完成してました・・

樹海ラインから、三ッ石山の山頂が見えます、少し赤く・・・
イメージ 1

松川温泉に着くと、登山客用のPが平日なのに満車、下の温泉入り口のPへ。
8時30分出発、汗を予想し半袖Tシャツに、足元は泥濘を予想しスパイク磯ブーツ。

山荘まで3.7キロ、温泉のパイプ? 今日の目標は山頂まで2時間。
イメージ 2

尾根に上がるまでは、こんな感じ・・・汗ダグで・・・
イメージ 3

左手に〝岩手山〟が・・・
イメージ 4

急登が終わり中間の分岐、この先はダラダラ登り。誰とも会わない・・・
イメージ 5

山頂が見えます・・・
イメージ 6

二本目の沢を渡る・・・
イメージ 7

リンドウがチラホラ咲いてます・・・
イメージ 8

三ッ石山荘到着、10時15分。登山客チラホラ・・・
ここから山頂までは900m、15分で登らねば2時間の目標は無理・・・
ペットの茶を2口呑み気合を入れて・・・           
イメージ 9

秋田駒ヶ岳が見えます・・・
               秋田駒・男女岳↓     ↓乳頭山(烏帽子岳)
イメージ 10

間も無く三ッ石山頂です・・・                 
イメージ 11
                              
イメージ 13

山頂着 10時40分・・・残念2時間10分掛かってしまいました~目標達成ならず。
(去年の記録を見たら、松川から山頂までが2時間10分、同じペースだ(>_<))
イメージ 14

松川から2時間で登れず、ガックリ・・でも天気は最高なので、予定外の計画変更。
大深岳まで縦走して、源太ヶ岳から松川温泉へ戻ろう~~

三ッ石山を後にして・・・
イメージ 15
                               
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

                               パノラマ画像
イメージ 21

三ッ石山を振り返って・・・笹原を進みます・・・
イメージ 22

右手に岩手山が・・・
イメージ 23

稜線上に在る 三っ沼。
イメージ 24

イメージ 25

晴れた日の縦走路は、気持ちがいい~~             
イメージ 26

小モッコ山頂が見えて来ました・・・
イメージ 27


イメージ 28

ここで昼飯。サンドイッチを喰ってると、傍に居た〝お嬢さん〟と目が逢う・・・
中々の美人さん、山では珍しい~
話し掛けて来たのです・・・「鳥海に居ましたよね~」
心臓バグバグ・心筋梗塞発症一歩手前状態・・・

聴けば、鳥海春スキーの時に、仲間の塚〇氏に写真を撮って貰ったとか・・・
その時小生も傍に居た?   こんな美人を忘れるとは・・ボケが進んでるのかも・・・

もうスキーはしないのかと聞かれる、何と先日鳥海・湯ノ岱で滑って来たと言う。
固雪は無理だと言ったら、柔らかくていい雪だったと・・・ビックリである。

彼女は源太→大深でここに来て、三ッ石経由で松川に降りると言う。
この先のコース時間を聞いたら、5時間掛かると・・・
ユックリはしてられない、日暮れ前には戻らねば・・・

12時別れを告げ、小モッコ・大深の鞍部への急坂を降り、大深のジグザグ急登。


秋田駒ヶ岳方面の分岐点に着きました・・・三ッ石山を振り返って。
             三ッ石山↓    ↓小モッコ山
イメージ 29

分岐からの秋田駒ヶ岳をUPで・・・
                ↓乳頭山      ↓秋田駒・男女岳
イメージ 30

途中で、大型ザックを担ぐ女性と交差、安比から岩手山への縦走中とか・・・
八幡平で泊まり、今日は三ッ石で泊まると、水が枯れてると困るので背負ってると。
たいした女性が居るものです・・・

景色が見えない・・・大深岳に1時到着です・・・
イメージ 31

八幡平への縦走路から右に曲がって・・・
イメージ 32

源太ヶ岳へのハイ松帯を進む・・・
イメージ 33

1時40分到着、ここから3.8キロの長い降り・・・
イメージ 34

源太からの降り道は、洗掘で荒れてた・・・
見通しも悪く、熊の名所なので〝爆竹〟のお世話に為りながら通過・・・
途中 胡桃の枝が折られて彼方此方に散乱・・・
胡桃の厚皮も剥かれて落ちてます・・・何ヶ所も有る、熊!!・猿!!の仕業か??

3時20分、松川P到着。
昼飯の約30分を除けば、朝の8時半から歩き通しでした・・・
まだ以外に歩けるなぁ~と思った次第。

去年9月25日の様子↓


紅葉が里まで降りれば、山頂は冠雪・・・11月中旬の雪山開始が待ち遠しい~

5月13日

今日は全国的に予報は雨模様。
3時頃までは持ってくれるだろうと、八幡平へ・・・

昨夜、声掛けした矢留山岳会の松〇氏と待ち合わせ、蒸ノ湯駐車場へ。
板靴等の準備し、山頂行きの路線バスを待つ。
土日祭より運行されてなく、平日に晴れてても乗れないのだ・・・
乗客は6.7人程度、採算が取れないから土日祭運行。

見返り峠(山頂駐車場)から板を履き、シール登行。

この項で何回か紹介してる〝鏡沼〟旧噴火口に水が溜まったもの。
周りから解け始めてます。何回見ても目玉に見えるのだが・・   パノラマ画像          
イメージ 1


鏡沼の隣りの〝小鏡沼(正式名称?)〟綺麗な青色の水が溜まってます。
イメージ 2


山頂標識 まだ3m位は雪が積もってます。
小雨模様なので、急ぎ〝籐助森〟へ・・・
イメージ 3


籐助森でシールを外し、滑走開始。30分ほどで蒸ノ湯駐車場着。
下の方はブッシュで滑り憎い・・・やはりここもGWまでのコースだ・・・
車に戻り雲行きを見ても、良くなる気配がないので次のバス滑走を止めて岐路へ。

今日のルート シール登行青線  スキー滑走緑線
イメージ 4


これで、八幡平春スキーも終了。
八甲田も森吉山もGWで雪解けで終了。
残るは〝鳥海山〟より有りません・・・
鳥海には6月中旬まで何回往けるが・・・
一雨毎に融雪が進みます・・・・

↑このページのトップヘ