海彦・山彦の白秋日記

ヒマラヤに在る仏塔に描かれた、真実の目。

カテゴリ: ☆☆海彦の釣行記録☆☆

10月4日
10月1日の、十和田湖の“姫鱒”釣り解禁日に、オスの成魚を釣って来ました。
画像の、婚姻色が出てる45cmの大物です。 1日の様子 

2019_10010004
当日の経緯は→

釣った日は内臓を取り、冷蔵庫に寝かせて、翌2日に刺し身で喰う予定だった・・・
姫鱒は、紅鮭の先祖が何らかの事情で、陸封された個体。姫鱒と呼んでるが、鮭です。
鮭なら“塩紅鮭”が造れるのでは? と思い、“塩紅鮭”造りに挑戦です。


2日の夜に、腹の中と全身に塩をまぶし、冷蔵庫に・・・

******************************

10月3日
3日の昼(半日後)に見ると、真っ白にまぶした塩が溶けて、スノコの下に落ちてます。
魚体から水分(ドリップ)が滲み出て、塩と共に溜まってました・・・
魚を持ち上げ、容器を洗った時の画像です↓。表面に溶けた塩が残ってます。
 2019_10030007


******************************

10月4日
今日4日の夕方の画像↓。冷蔵庫内を強冷にして、一日経つと・・・
魚体の表面は乾いたが、まだドリップが出てます。
2019_10040003

裏返すと・・・冷蔵庫の風が当たらない裏側は、昨日と同じ状態・・・
この状態で様子を見ます・・・
2019_10040004

余録
釣った日の夕方に、孫宅に内蔵処理して10尾を届けさせたが、
孫達が1人3尾づつ塩焼きで喰ったと。
「爺 美味かったので、また釣って来て!」と、電話が来た。
近々、又釣りに往かなくては・・・

今日の晩酌で、“姫鱒イクラ出し醤油漬”を試食して見たが、鮭イクラより皮が固く、
噛むと・・・プチプチ、何とも言えぬ美味さに仕上がった。


******************************

10月5日
今日5日夜の画像
2019_10050002
一日経つと、更にドリップが溜まり、身の余分な水分が抜けた様。
表面の余分な塩も流れてるし、目も窪んでいい感じです。
後数日置いてから、余分な塩を洗い流して、自然乾燥・・・

新潟・村上の名物“塩引き鮭”↓の様な、仕上げにしたいと思ってます。
AEB200FEEDA744F3B68C32F38D18EAE7_LL
この新潟・村上の塩引き鮭は、1尾2万円近くの価格で、以前貰って喰ったが、
一般的な塩鮭とは比較に為らぬ味でした~ さて、ハエを避けてどの様に干すか??
考えなくてはなりません・・・

10月1日の夕方に、出汁醤油に漬けた“姫鱒”イクラですが・・・(その日の画像)
2019_10010006

今日には、出汁醤油を吸って、こんな感じです。プチプチ感がたまらない~
イクラ丼で、喰うつもりでいたが・・・晩酌時に小鉢に移し、スプーンで喰ってます。

2019_10050003



******************************

10月8日
塩をまぶしてから、7日目の朝です。又々ドリップが出てます。
身から、かなりの量の水分が、抜けた事に為りますね。
2019_10080001
容器内の、ドリップと溶け出した塩を、洗い流しました。
身にも塩が回ったと思うので、もう腐敗の心配は無いでしょう。(強冷から弱へ切り替え)
容器の蓋を取り、庫内のファンの風を使って、乾燥させます。

2019_10080002

明日9日は、二度目の“姫鱒”釣りの予定。今日は雨だが明日は上がる予報です。
午後から準備をしなくては~


******************************

10月10日
余分な水分が抜け、もうドレップは出ません。冷蔵庫内の風で表皮が乾いてます。
2019_10100009

ひっくり返すと・・・風の当たらない裏側は、表皮に湿り感が・・・

2019_10100008
湿り気の有る側を上にして、1.2日乾燥させれば完成か?
妻は塩抜きをせずに、このまま焼いて“辛口塩紅鮭”として食べたい様子。どーするか?


******************************

10月11日
“姫鱒イクラ” 今日の晩酌に・・・
2019_10110003

10月1日に釣った“姫鱒”のイクラ、出汁醤油を吸って、いい色・いい味に仕上がってます。
イクラ丼で食われて、大夫減りましたが・・・
2019_10110004

10月9日に釣った“姫鱒”のイクラを出汁醤油に漬けた時の画像。
2019_10090007

今日10月11日には、出汁醤油を吸って、イクラらしく・・少し出汁醤油を足しましょう。
2019_10110005


*****************************
10月16日
半身に下ろしました・・・身が紅鮭同様です。
2019_10160010
焼き易い様に、カットして・・・
2019_10160011
焼いて喰いましたが、少し塩気が強かった様な・・でも美味いです~
冷蔵庫に入れて置けば、都度喰えます。


15日に釣って来た、34Cmを頭に4尾を、再度“塩引き姫鱒”にしようと・・・
只今奮闘中・・・

10月1日
十和田湖の“姫鱒”釣りが、今日から解禁です。
岸からのルアー・フライ系・餌釣り、ボートでの釣りと釣り方は様々。
餌釣りが断トツに釣れるが、他県からのアングラーが増えてます・・・
“姫鱒”と呼ばれてるが、鱒ではなく“紅鮭”の陸封型なのです。
なので魚体は小さいが、紅色の身と味は紅鮭そのもの。

解禁は夜明けからだが、前日から大勢の釣り人が押しかけ、釣り場の所取りをするので、
解禁の朝からでは、良い釣座が確保出来ません。(桟橋周辺は、百人超えの釣り人)
前日の30日の午後3時に家を出て、50㌔走り・1時間後に和井内地区の旧桟橋に到着。
桟橋手前の駐車スペースに、運良く止めれました。(全車が車中泊の釣り人)
今年の十和田湖周辺は、雨が少なく、渇水で水位が1m以上も低い状態です。
画像のL字桟橋の先端が、最も“姫鱒”が深場から回遊して来る場所。
最先端に居た方に挨拶し、折畳み椅子とクッションを置き、釣り釣座を確保。

ここは深場からの駆け上がりで、小沢からの流れ込みが有る場所です。
十和田湖の“姫鱒”は、自然孵化も多少有るが、殆んどはすぐ隣の漁協孵化場の放流物。
孵化場で使ってる沢水と、ここ流れ込む沢水が同じ沢からの分水なのです。
鮭鱒科の魚は、生まれた川に戻る習性が有るので、孵化場の二次排水が流れ込む、
半円100m位の範囲は禁漁区なのです。この桟橋の左側が禁漁区、右側は釣り可です。
2019_10010001 パノラマ写真
この画像は納竿時に撮った物、ピーク時は立錐の余地もない程の人々々。
竿がぶつかるわ・糸が絡む(お祭りと言う)わで、大騒ぎです。

釣座が確保出来たので、4時過ぎから少し早いが、プシューで1人宴会・・・
クーラーBOXに姫鱒用の氷を入れて来たので、キンキンに冷えたプシューが飲めます~
周囲の車中泊の釣り人と、情報交換をするのも楽しいひと時・・・
7時頃に宴を切り上げ、山用薄手ダウン上下を着込み就寝。

3時頃に周囲の音で目覚めると、釣座探しか? 暗闇の中にヘッ電の明かりがウロウロ・・・
釣座を確保してるので、慌てる事なし・・・コンロに火を着け、夜明け前の珈琲。
4時に竿他の道具を持ち、釣座へ・・・外輪山から日が昇る5時半頃から釣れ始め・・・
6時~8時台がピーク、日が昇った9時に為ると、釣果はガタ落ちです。9時半納竿。
8時頃に漁協の係員が、遊漁料1000円を徴収に来る。(沖でのボート釣りは2000円。)
係員曰く、今年は水温が高く、まだまだ産卵で浅瀬に来ると言う・・・
去年の解禁は、産卵期が終わる頃に当たり、魚影が薄く7尾より釣れなかった。
今年2回目は有るか??? 間を置かずに行きたい気もするが・・・
2019_10010005
3時間の釣果。婚姻色のオスの成魚は、45cmも有りました・・・
使用の仕掛けは、磯竿1.5号・5.4m、道糸PE2号巻小型スピニングリール、円錐浮き0.5号・
錘0.5号、鉤素1.5号・黒鯛針2号、餌はイカ短柵食紅染を1~2cmで針先を出して。
(出さないと、食っても、スッポ抜けの原因に為る)
棚は、底擦れ擦れの60~80cm。浮きは咥えた時に違和感のない、2B位いが良いと思うが、
浮きが軽る過ぎると、思った処に飛ばせない難点が有る・・・
竿は、手返しの良い延べ竿で釣る人も居るが、探れる範囲が限定される。
竿の調子は、先調子の剛性が強い物で一気抜きする。(針掛かり時に、お祭りを防ぐ)
2019_10010004
画像は帰宅後に、タタキで砂を洗い流した時の物、ぞんざいに扱ってる訳では有りません。
姫鱒は岩魚同様ヌメリが多く、腹を裂き内蔵処理に1時間も掛かりました・・・31尾分。
約半数がメスで、卵を出汁醤油に漬けて2日位したら“姫鱒いくら丼”で。
2019_10010006
晩飯時に、大サイズ3尾を塩焼きに、美味美味。45cmは、明日刺し身で喰います~
残りの27尾は、妻に孫宅や知人に配達して貰いました・・・これでスッキリです。


今回の釣りで思った事
①姫鱒は、針掛かりすると必死で抵抗するが、産卵直前のメスは卵を放出しなから釣れる。
 釣られたショックなのか? その卵を狙って、群れが追い食いして付いて来るのです。
 付けエサの交換をせずに、補正だけで手返しを早くすると、それが簡単に釣れて来ます。
②桟橋に陣取ってる釣り人の何人かに姫鱒が釣れると・・・そこに群れが居る事が判る。
 水中に立ち込んでるアングラー達の中には、ルァー・スプーンを投げてよこす者が居る。
 当然お祭りだ、時合の祭りは迷惑千万、竿先の延長上には、浮きが見えてるはずで有る。
 真面なアングラーは詫びを言うが、ケツの青い奴は知らぬ素振りで、懲りずに又投げる。
 そして祭る、終いには釣り人に怒鳴られて退散する事に、常識が通用しない奴も居る。 

去年の姫鱒釣りは→ 



11月20・21日

黒鯛釣り&忘年会のお誘い が有り、7時過ぎに出発。
釣り場の男鹿半島磯は、120キロ先だ。雲行きが悪く途中所々で小雨が・・・
先行してる仲間に連絡すると、北西風が強く波も有り磯渡しは無理との事で、
地磯の〝孔雀ヶ窟〟に降りてるとの話しだ・・・

9時過ぎに孔雀ヶ窟上の駐車場着。
背負子に釣り道具を縛り、9時半に今から降りるとメール。
今日の荷は15キロ位かなぁ~ 少しコマセの量が多いが・・・
これが間違いの元に為るとは、この時は気付かず・・・
イメージ 1


150m下の地磯目指して、踏み跡を辿り急坂を慎重に下る・・・
葉の落ちた木々の間に磯が見えて来た・・・
イメージ 2


木立が無くなると、この眺望・・・
イメージ 11


更に降って行くと・・・婆浜の地磯と〝婆浜離れ〟、沖に〝焼飯島〟。
イメージ 3


順調に降りて来た・・・
最後の崖に張られたロープの処で、後ろ向きにロープを伝って降りてたが・・・
背負子の重さに振られて、宙吊り状態に・・・
左手でロープを掴んでたので転落は防げたが・・・
右手でロープを掴もうとしたが・・・竿ケースが岩に引っ掛かり腕が伸ばせない。
これでは体制を立て直せない・・・左腕が〝プルプル〟して来る・・・
片手で体重と荷の80キロを支えてるのだ・・・
このまま左手の握力が駄目に為れば、
確実に4~5mは落ち頭を打って死ぬか? 骨折・・

山岳部時代に習った〝宙吊り脱出法〟を思い出した。
背負子の右の肩紐から腕を抜き、右手を自由にした・・・
ロープの余りを、自由に為った右手で背負子の足に通し結ぶ、荷は落ちずに済んだ。
高価な竿3本とタモ網の柄が、救われた・・・
荷が落ちない事を確認して、右手でロープを握り、背負子の左肩紐から左腕を抜く。
荷の重さが無くなると、磯ブーツでも何とか小さな足場にも立てた・・・

画像右のトラロープを使い、安全な処に降り立つ。助かった!!!

仲間の釣ってる処に往き仔細を話し、荷の救助依頼。
過去何十回も降りてるが・・・こんなドジは初である・・・

荷の救出法を相談、15キロを落として受け止めるにはリスクが有り過ぎる・・・
腕が逝かれて登り返せず、彼が登り・・・トラロープの末端を背負子に縛る。
背負子に結んでたロープを解いて、徐々降ろして荷を回収。
イメージ 4


沖磯の〝小安治〟と〝安治ヶ島〟
イメージ 5


イメージ 6


左から、安治ヶ島 小安治 小安治のポッコン 孔雀ヶ窟地磯。
イメージ 7


3時まで釣り、コマセが減った分背負子が軽くなる・・・
例の崖を慎重に登り、30分掛けて車へ。
定宿に着いたのが4時、合流した1人と3人で先ずはビール3本。
その後3名が到着し、風呂に入り6人で5時から宴会でした・・・爆呑み・・・


宴会での話題①・・・甲子園を沸かせた〝金足農業高校野球部〟の話し。
仲間に吉田投手と同じ地区の者が居て、孫の〝学習発表会〟に行ったら、
吉田投手の両親の隣りに座り合わせたとか・・・5年生の弟がいると・・・
その弟は身体も大きく、野球部でピッチャー・・・
5年生なのに120キロの球を投げると、地区では兄以上の評判だとか!!!

宴会での話題②・・・来月から男鹿の磯渡しの〝渡船代〟が、
各地区4000円に為ると言う・・・
そんなに払って乗れるのは、余程腕に自信の有る者だけ。


楽しかった一夜が明け・・・起きると・・・首・肩・背筋・胸筋がバリバリに痛い。
宙吊りの後遺症だ・・・

窓から海を見ると・・・雨、沖には〝大うさぎ〟が跳ねてる・・・
これでは釣りには為らない。
7時半の朝食に梨をワインで煮たのが出た、これは美味だった。
9時過ぎまで部屋で雑談し、解散。



帰路 浜間口地区を通ると・・・砂浜に打ち上げられた〝舟〟が・・・
イメージ 8


北からの漂着船は、今年は既に昨年よりも多いと言う・・・秋田では2船目か?
空舟なら良いが、上陸でもされたらと思うと・・・

〝北朝鮮〟の不審船・・・再漂流しない様に、ロープで固定作業をしてました。
イメージ 9


海からの戴き物どれも尺サイズ 高級魚の〝サヨリ〟の刺身は美味だ・・・
黒鯛は、明日の夜に来る孫達に〝塩焼・刺身〟で喰わせよう~
イメージ 10

それにしても〝上半身筋肉痛〟・・・老いを感じでる・・・


22日 後記
夕方に娘の〝勉強会〟が有り、孫達を連れて来る事に為ってた・・・
迎えに往く5時から逆算し、黒鯛1尾を塩焼き用に・1尾を3枚下ろしにし刺身用に・イナダは煮付けにした。
孫達に黒鯛を見せてから、焼いたり・刺身にしたり・・・
塩焼きは完食され・・・刺身は半身喰われた・・・
3年振りの貴重な〝寒黒鯛〟だったが、脂が載ってて、
「美味い・美味い」と言い喰って貰えて、満足・満足でした~~。

※筋肉痛は・・・解消です。
 〝宙吊り〟の事は、妻にも・娘にも話してません、以後〝反対される恐れ大ゆえ〟

遊漁船のHPを見て・・・愕然!!!!

エンジン修理の為今年度は休業します。
ご迷惑をお掛けします。

季は〝戻り鰤・ジギング〟で、10月~12月の間に4回乗船予約を入れてた・・・
10月・11月の釣行は、海水温が平年よりも高く、青物の南下が遅れていたが、
12月に期待してた処だった・・・

イメージ 1

この船はキール船で、多少海が荒れてても安定して走れる船。
画像のクーラーが載ってる蓋をを外せば、下がエンジンルーム。

エンジンは、米国キャタピラー製・・・
ヤンマー等の国産は、部品は直ぐに手に入るだろうが・・・
建機用でキャタ製は多いが、船舶用だとこんな時に時間が掛るのだ・・・

参った・参った・・・である・・・

2004年から乗ってる船で、気心も知れてたのに・・・
能代港には、青物釣りの遊漁船が知る範囲で6隻ほど有るが、
船が小さかったり・癖の有る船頭が多く、他船に乗る気持ちには為れない。

急遽、仲間と今後の対応・・・心当りに1隻有るが、
年内の予約状況がどーだか・・・気に為る処・・・

この船だ・・・HPを見ると、釣り座は抽選、料金は1万ではなく1.1万~1.3万だと。
3名から出船と有るが定員が不明(8?)・・・釣り人が少ないと割高と言う事か・・・
船体も大きく良さそうだが・・・船足は遅そう・・・
イメージ 2


※11月も中旬
夕方から雨・・・予報では山間部は雪かも・・・海も山も、気になる処です・・・


17日 追記
20.21日の黒鯛釣り兼忘年会に備えて、日中の晴れ間に道具の点検と積み込み。
5.4m1.5号磯竿のガイド付きと中通し竿(向かい風はガイドに道糸が絡む)、
5.7m中通し庄内竿等の3本に、5.7mのタモ網。衣類・コマセ粉等を・・・
付け餌を途中で買えば、忘れ物は無い筈・・・

元職場の釣り仲間から〝黒鯛釣り兼忘年会〟のお誘いメールが届いた。
この20日だと言う・・・前に打診が有ったが、毎日が暇なので何時でもOKだと。
〝寒黒鯛〟にも〝忘年会〟にも半端な時期だが、現役は日程が取れ無いと言う・・・

若手?との歳の差は二回りも離れてるが、今でも誘って貰えるのは有り難いこと。
こうした集まりは30数年続いているが、仲間の出入りが有り最終的には、
当初の6人+1人(釣りはしないが、我等と呑むのが好きと言う変態)である・・・

20日に朝から男鹿半島の磯に立ち、夕方5時から〝門前地区の定宿〟で呑み会。
朝飯後に、皆でまた磯に立つ算段である。

宿から見える男鹿のシンボル・ナマハゲ像
イメージ 1


去年の様子、後から2名参戦。
仲間の幼馴染が宿の女将で、無制限一本勝負が効くのだ・・・
呑みながらの、今年の釣果や釣法・家族の事、是々非々論百戦で有る。
イメージ 2

しかし・・・予報に因ると・・・20日は、曇り・雨・・・
悪天候なら、早めに切り上げて宿に直行・・・昼から呑むのも良し・・・

今から楽しみだ♪♪~

11月11日

戻り鰤ジギング2回目に往って来ました。 
結果は〝全打席・空振り三振〟。

10月21日の戻り鰤釣り①で、
釣れない原因を〝潮汐〟の差が少なく、潮の動きが悪いからないかと考えて、
過去の釣果とその日の潮汐を拾って見ました・・・それが潮汐表と釣果の関係です。

11日の潮汐表は、こんな状態でした。
イメージ 38
釣行中 潮が動くので、いいと思ってたのですが・・・

低気圧通過の余波で、北西風と大ウネリが有るものの、晴れて釣行日和でしたが、
11人乗船中釣果が有ったのは3人のみ・・・(スピニング1人・電動2人)

ジグも此処で実績が有る3種(色・形状・重さ)を交互に使って、
シャクリも強弱を付け、何時もの様に・・・(電動ですが・・・)
沖上がりまでの間〝カスリ〟もしませんでした・・・(自信喪失です・・・)

10月21日以降、この天然漁礁では、其れ為りの釣果は出てるのに・・・
帰路色々考えながら来ましたが、
①低気圧通過の荒れで、群れが南下してしまったから・・・(次の群れ到着まで空)
②平年より海水温(100mライン)が2℃高いからか・・・
③船長曰く、魚探の反応は有るが・・・(なぜジグを追わない・・・)
④魚が口を使わないのは、何故か??? 急激な水温低下?

当日は、ウネリが予想されて小型船は出れず・・・テリ場には我らのみ。
穏やかなら10~15隻が居て賑やかな漁礁たが・・・


釣れなかったので、帰路の海の様子を・・・キャタピラーエンジンの推力
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今朝は、これから潮を被った道具の水洗いです・・・


次回は12月9日の予定ですが・・・自信を無くしてます・・・
メタルジグアングラーの方、こんな日の対処法、御教授宜しくです。

10月21日が余りにも釣れなかったので調べて見ました・・・

〝潮汐表〟と釣果の関係を、過去に遡って調べて見ます。
釣れる・釣れないは、時の運か? 腕の差か? ・・・
潮の動きが関係してるのではないか・・・と、今更思ってます。
磯釣りの場合は、潮の動きで釣果に差が出るが、
沖合いでも同じ結果に為るようです。

殆んどの魚は、潮の流れに向かって泳ぐと言う話しが有ります・・・
そして泳ぎながら、餌を捕食すると・・・

http://koyomi8.com/tide.htm〟で年・日時・最寄の検潮場を入力すると、
潮汐が調べられます。

過去の記録に残してる釣果と、潮汐表で見てみます。



********************
2004年11月22日の秋田・男鹿の潮汐表です
イメージ 1

この日のは、80cm 10キロの鰤 同形を2本釣りました、
12時20分の満潮時の釣果。
イメージ 2



********************
2006年10月21日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 3

この日の釣果
イメージ 4



********************
2006年10月28日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 5

この日の釣果
イメージ 6



********************
2007年11月22日の秋田・男鹿の潮汐表です
イメージ 7

この日の釣果
イメージ 8



********************
2009年11月7日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 9

この日の釣果
イメージ 10



********************
2009年11月14日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 11

この日の釣果 90cm 鰤
イメージ 12



********************
2011年10月23日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 13

この日の釣果 75cm 8.5キロ 本鮪。 他ワラサ
イメージ 14



********************
2014年10月19日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 15

75cmを頭に・・・
イメージ 16

イメージ 17



********************
2014年11月2日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 18

90cm 8.2キロ 10時の満潮時の釣果。
イメージ 19

75cm 4.1キロ 平目 10時30分の釣果。
イメージ 20

この日は55cm~65cmのワラサ14尾・鰤1尾・平目1尾の釣果。
イメージ 21

イメージ 22



********************
2015年10月11日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 23

この日は、75cm2尾 他11尾の釣果。
イメージ 24



********************
2015年10月18日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 25

この日は、70cm 鰆
イメージ 26

55cm 真鯛2尾
イメージ 27

イメージ 28

ワラサ70cm2尾・60cm3尾、真鯛2尾の釣果。
イメージ 29



********************
2015年12月15日の秋田・男鹿の潮汐表です。 潮が良く動きます・・・
イメージ 30

この日は、70cm 1尾
イメージ 31

80L クーラー この日は数釣れました
イメージ 32

60L クーラー 合計31尾の釣果
イメージ 33



********************
2016年10月23日の秋田・男鹿の潮汐表です。
イメージ 34

この日は、40cm~50cmが11尾の釣果
イメージ 35



********************
2017年12月4日の秋田・男鹿の潮汐表です
イメージ 36

この日は、潮が良かったものの鰤・ワラサの南下が終盤で、
80cmのメタボ鰤と小物1尾のみ・・・
イメージ 37

れの日も、潮汐グラフが大きく波打ってます・・・
潮の動きが良い日は、大物他 数が釣れてる事が判ります。



********************


今年の乗船予約は、11月11日・12月16日・12月29日の3回有り、
次回は11月11日を予定してますが・・・・潮汐表を見ると・・・
イメージ 38
6時~12時の、潮の動きは良さそうです。


12月16日は・・・
イメージ 39
6時~12時の干満の差が5cmほど・・・潮が動きません。
これでは21日同様に、魚探に反応が有っても、ジグを追わない可能性大です・・・
予約変更しなくては・・・船代金1万円が勿体無い・・・


一週前の12月9日の潮汐表は・・・
イメージ 41
釣り始めの7時頃から、沖上がりの1時頃までは、良く潮が動きそうです。
幸いこの日は空きが有るので、16日をキャンセルして変更です。
船宿へ変更依頼のメールを流しました・・・・


12月29日は・・・
イメージ 40
良さそうです・・・


今回、過去の釣果と・その日の潮回りを調べて見て、
干満が如何に大事かあらためて知った・・・
何と無く釣り船予約では、釣果は望めませんねぇ・・・

12月に入ると海が荒れるので、予約日に確実に沖に出れるかは天候次第だが、
出れれば釣果はUPするだろう~


※春先に日本海を北上し、北海道・積丹半島沖で育った鰤・ワラサが、
 水温の低下と共に群れで南下します。
 11月中旬には積丹沖を離れて、秋田・青森県境沖のテリ場(天然根群)で
 給餌休憩をします。
 サイズ毎の群れが次々に入るのです・・・これを狙うのが、当地の釣り方です。
 鰤達は更に南下して、年末には富山湾に入り、氷見鰤と為ります。

10月21日

この秋 初の青物ジギングに往って来ました。

秋田⇔苫小牧のフェリー航路の沖が釣場です。
イメージ 1


釣果は60cmクラスのワラサ2尾と、ヒラマサ1尾(ワラサ1尾は、帰路友人宅へ)
7人乗船(仲間5人)でしたが、皆3~4尾の釣果・・・
時期が早かったのかと思ったりもしたが・・・原因は他に有る様です・・・
イメージ 2


上 ワラサ(鰤の幼魚)  下 ヒラマサ
イメージ 3


ワラサとヒラマサの見分け方
左 ワラサ(鰤の子)  右 ヒラマサ 上口の骨が丸身を帯びてます
側線の黄色もヒラマサは若干濃いし、胸ヒレに掛かってます
ワラサは黄色線が、胸ヒレの上に有ります。
同じサイズながら、ヒラマサの引きが強い感じがします。
イメージ 4

余りの貧果に・・・帰ってから潮汐表を見ると、

21日の潮汐表です。6時から12時までの潮汐は5cmでした・・・
潮が殆んど動いてない・・・
イメージ 5



回は、11月11日を予定してるが・・・潮は・・・いい具合に動く様です。
イメージ 6


次の予約は12月16日 潮汐表を見ると・・・
イメージ 7

7時から12時までの干満差が5cmほど・・・予約を変更しなければ・・・

潮が動かないと、活性が悪く、魚探に反応が有ってもジグを追いません・・・
明日にでも、過去に釣果の有った日と潮の関係を調べて見ます。

10月3日

十和田湖へ〝姫鱒〟釣りに往って来ました。

姫鱒釣りは、資源保護の為に、年に何回か禁漁・解禁を繰り返して、
10月1日から長期解禁が始まりました。

十和田湖はカルデラ湖で、昔から魚類が生息してませんでした。
明治の時代に和井内貞行が、私財を投じて鯉・姫鱒を導入し、今に至ってます。
秋田県側の湖畔には、県の〝姫鱒孵化場〟が有り毎年放流事業をしてます。
漁協が刺し網で獲ってるが、十和田湖畔の旅館・ホテル用で、
一般市場には流通してません。泊まって喰うか? 釣って喰う以外無しです。


産卵期の秋な為ると、ここで放流された姫鱒が産卵の為に集まって来ます。
孵化場から流れ出る水路の両側100m位は、禁漁区ですが・・・
普段は沖の深場に居て、釣り難いのですが、産卵期は浅瀬に集合です。

解禁日の10月1日は、台風24号の影響で大荒れ・・・
3日が晴れ予報でしたので、釣行日に決めました。

釣果は朝マズメ・夕マズメに集中するので、3時に家を出て50キロ走り、
釣り座を桟橋の先端に確保。

                             夜明けの十和田湖
イメージ 11

周囲が見え始める頃から釣り開始。
この桟橋に囲まれた内側がベストな釣り場、
山からの小さな沢水が流れ込んでるからです。
仕掛けは、針・浮き・錘が有れば何でもOKですが・・・
遊魚料は、岸釣り千円・舟釣り2千円で、監視員巡回時に支払い。

当日の仕掛け

黒鯛用磯竿1.5号・5.4mスピニングリール
道糸PE2号・針素ナイロン1号30cm(細い方が釣果UP・これより細いと切られる)
円錐浮き0.5号+錘0.5号
黒鯛針3号~5号(1号でも良いが飲まれる)
浮き下60~80cm(底から餌を浮かす)
付け餌 赤食紅で染めたイカ短冊を1cm針に通す(針先を出す)

この仕掛けで釣りました。

ルァー・フライよりも、餌さ釣りが確実に釣れます。
餌さも、サシ・葡萄虫よりは〝イカ短〟が何故か釣れます・・・
一説には、自然産卵した姫鱒の卵に見えるからとか・・・

水深1m~30cm位の処を泳ぐ、姫鱒が見えるのです・・・
この日は群遊する姿は無かったが、群れが来ると入れ喰いに為ります。

日が昇ると、カルデラ火口壁を廻る左からの風が吹き、
釣果も落ち・・・帰る釣り人も・・・
ここは、孵化場の隣りに有る、旧遊覧船の桟橋で隣接した無料駐車場有。
イメージ 2


帰路 発苛峠からからの十和田湖、奥に南八甲田の山並みが望めます。
11月末に為れば、山スキーが始まります・・・
イメージ 3


帰路の〝樹海ライン〟の途中には、何故かこんな看板が随所に・・・
路面〝凸凹〟デコボコで無く・・・〝凹凸〟オウトツ、普通は凸凹(デコボコ)と呼ばない?
イメージ 1


釣果は30cm~25cmのサイズ、7尾中雌が4尾でした。
顔で雌雄が判ります、口先の尖ったのが雄、鮭と同じです。
周囲の中ではほぼ竿頭、夕マズメも釣れば制限の20尾は釣れたかも・・・
イメージ 4


姫鱒〟のイクラ・・・直径3ミリ位
イメージ 5


醤油漬けにしました・・・2日ほど寝かせて〝姫鱒イクラ丼〟です。
イメージ 6


晩のおかずは、〝姫鱒のお頭付き塩焼き〟と〝姫鱒の刺身〟でした~
身は市販されてる養殖サーモンの色だが、味は別格でしたよ~
まだ3尾残ってたので、今日の晩酌も〝姫鱒尽くし〟でした。

こんな美味い姫鱒が喰えるなら、近ければ週1通ってもいいのだが・・・
姫鱒の好物は、藻海老だと云う。
藻海老の入手は難しいが、磯釣りのオキアミなら藻海老らしく見えるので、
釣れるかも・・・一度試して見たい気がする・・・



********************


庭の〝キスゲ〟が、二度咲きしました・・・
1日開花の運命だが、蕾が3つ・・・初夏の開花の種は採って有るので、
春先に蒔くことに・・・発芽率は80%位で2年目株から花を付ける。
イメージ 7


用菊が咲き出しました。
通称 この辺では、〝もってのほか〟と呼ばれてます。
一般的な黄色い食用菊よりは、サクサクして美味い!!!
11月末まで次々開花するので、お浸しのメインです。
イメージ 8


酢を垂らした湯でサッとや湯がくと、ピンク色が更に鮮やかに。
イメージ 9


茗荷も収穫末期、豚肉かベーコンと炒めて・玉子綴じにすると絶品。
イメージ 10


9月下旬です。
そろそろ釣りの準備をしなくては・・・
春先に日本海を北上した鰤・ワラサの集団南下が、
海水温の低下する10月末から始まります。

イメージ 4

イメージ 5


そろそろ準備を・・・
海底に当たり痛んだジグは、〝ラメ入りマニキュア〟で補修。
160g~340gのメタルジグに・・・
イメージ 1


ラインストーン又はガラスストーンと呼ばれる〝きらきら〟を・・・
イメージ 2


ジグの〝目〟に接着。
イメージ 3


100mの薄暗い海底でも、僅かな明かりで〝目がギラリ〟と光るのを期待して・・・

12月23日

今日は3回目の戻り鰤釣りです。
〝戻り鰤〟とは、春に対馬辺りから日本海を北海道・積丹沖まで北上し、
海水温の低下で南下する鰤・ワラサを言います。
群れ毎に、南下途中に餌場である〝天然漁礁・根〟で数日過し、更に南下します。
この根回りに居るのを、この時期に狙うのです。
海水温の低下で、脂がのり美味です。
春の北上期には中層を泳ぐそうで、釣り憎く・脂のりも悪く、
当地では釣りの対象には為ってません・・・


出船は朝6時ですが、釣り座は早い者勝ち・・・
近年、船長の手抜きか?  スカンパー(帆)を立てなく為ったので、
船底にジグが入ったりして、誠に釣り難いのだ。
これに対応出来る釣り座は、トモ(船尻)の左右のみです。
ミヨシ(先端)は船の舳先が邪魔になるし、揺れも最大・・・

前回(この冬2回目の戻り鰤釣り)は、3時に着くも既にトモには先客が・・・
トモ確保の為に1時に起床し、2時に現地着・・・既に右舷のトモに先客。
条件が同じ左舷トモに竿を置き、釣り座は確保しました。
イメージ 12


クーラー等は、出航前に積み込めば・・・と。車内でウトウト・・・
4時頃から釣り客の車が・・・定員12名が集合、俄かに騒がしく為ります・・・
船宿で記帳し、6時出船・・・ウネリが高く、所要時間1時間の処が1時間半。


途中夜が明けて来ました・・・怪しい雲、船尻から見たスクリューの泡。
イメージ 1


天然漁礁(根)に到着、船長の合図で80m~100mの海底にジグ投入、
ひたすら煽ります・・・小物は中層・大物は海底から20m位で喰い付いて来ます。
ジグに掛かった瞬間に、大物はズシーッと重く・小物は頭を振るので、
ある程度のサイズは判ります・・・


今回の12人中、知り合いが2名。その他の中にはジグ釣り初心者が多く、
流れが速いのに100~150gのジグを使い、底が取れずに漂って左右お祭り騒ぎ。
ここでは最低でも200g・250~300gでないと底は取れません・・・
昼1時まで釣り、2時帰港。


帰りの船尻からの様子。
イメージ 2


写ってる3本のジギング用の竿は、2~3万の他人の物。
赤い竿は愛竿、3980円の韓国製・2.7m・錘負荷120号の胴調子・胴突竿。
鉛錘50号がメタルジグ200g位に相当すると記憶してるが・・・
高価な専用竿で無くても、釣れるのですよ~ 
魚が見てるのはジグのサイズと形とジグの動き。
その日の餌さの小魚に見えるかどうかです、色の認識は無いと言われてるが、
何故か〝赤・ピンク系〟が釣果に繋がります。

長竿の長所
シャクリ(煽り)幅が、短竿に比べて遥かに大。
カーボンで無くグラスなので浮かせ幅大。

長竿の短所
掛かってからの取り込みが大変。腕が疲れる。

仕掛け
PE6号300m・ショックリーダー80~100ポンド5~6m・フック4~5をWで。
掛かった獲物は逃がしません、強引に巻き上げます。


10月中旬の様な晴れでした。この時期には珍しく暖かい・・・
イメージ 3


で、釣果は80~85cmが3本。血抜きし神経締めもしました・・・
1本は自家で年越し・正月用、1本は栃木の学友宅へ発送、
残りの1本は、明日遊びに来る孫達に腹一杯喰わせましょう~~
余りは持ち帰りで・・・

この3本で約18キロは有るはず・・・
イメージ 4


他の16尾は親戚・知人宅に配達。「刺身で食べられる?」等と聞く、
見ても鮮度が判らない方には以後あげてません・・・折角の魚が可哀想だから。

尺テリを初めて釣りました(赤いの)、煮付け・塩焼きが美味いでしょう~
クーラーに外の雪を詰めて、冷蔵保管です。

16尾と尺テリ1尾、1尾2キロとしても22キロの釣果・・・
船から岸壁に揚げるのに大変でした・・・
イメージ 5


今日の潮汐図です。
釣り始めから順調に釣れたが、下げ止る11時頃からの喰いは悪い。
潮が大きく動く地合いは、釣れた魚にカマッテられず、針外しと同時に投入。
魚群を探し移動時に、処理するのが釣果UPの策、其れまでは跳ねらせ放置です。
イメージ 9


今日の当りジグ、画像は200gですが250gを使いました。
色は〝金赤〟当地では赤・ピンク系がいい結果を出します。
イメージ 8


潮が速い日は長い平ジグだと、潮の抵抗を受け100mの海底を狙っても、
120~130m糸を出さないと着底しません。
それだけ魚短反応からズレル事になります・・・
これはスロー用のズングリ型のジグですが、抵抗面が少ない為か?底取りが楽です。

底の岩盤に擦れ一日でこんなに傷が・・・・1個2600円もします・・・
イメージ 6
イメージ 7


傷ついたジグは、100均で同色に近いラメ入りマニュキァを買って補修、
次回に備える事にしましょう~。

今回は12軒ほどに配り、喜ばれました~ 
捌けない方には、刺身や切り身にして。



12月25日 追記
釣り道具箱の中に、其れなりのマニキュアの使い掛けが有った・・・
多少硬く為ってたが徐光液で柔らかくし、補修しました。
イメージ 10イメージ 11


ラメがいい具合に光ってますねぇ~、これで新品同様に魚が喰い付きます。


船上で飛沫を被って塩が噴いてる防寒ウェア上下は、朝風呂に入ったついでに、
風呂の中で揉み洗い・・・洗濯機では防水層が駄目になります・・・
ハンガーに掛け雫が切れるまで風呂場に吊るして・・・


今朝から年末までは荒れ模様・・・30.31日は天候も落ち着く様子です。
状況見て良さそうなら、年越し・正月用の寒黒鯛釣りに向おうかなぁぁ~。
それとも〝山スキー〟か・・・悩む処です・・・

12月7.8日

男鹿半島・西海岸で、元職場の釣友達と、寒黒鯛釣り兼忘年会に参加。
OB2名現役5名が集まりました・・・

7日
早朝5時に家を出て、一路男鹿半島へ・・・
道路は凍結してたが、海沿いの能代市からは雪が無く・・・
7時に大桟橋展望台(だいさんきょう)駐車場に到着。
約束してた仲間が居ません・・・準備をしてると到着。
東風が吹いてて海面は穏やか~~沖に北海道へのフェリーが・・・
イメージ 1


駐車場で防寒具を着込み、撒き餌さ・竿ケース等15キロを背負子に付け・・・
150m下の〝孔雀ヶ窟〟へ急斜面を降って・・・中間地点の林間から磯が見えます。
今日は波も穏やかで良さそうと・・・
イメージ 2


下降ルートの核心部からの展望、手前の地磯は孔雀ヶ窟、沖磯は阿治ヶ島と小阿治。
男鹿半島屈指の磯です・・・
イメージ 3


北方向は、大桟橋の磯と加茂集落・桜島です。
イメージ 4


最後の崖をFIXロープ伝いに降りる・・・ここは両手で登り降りの場所なので、
荷物を背負う必要が有るのです・・・片手に物を持ち転落した者多数の名所です・・


イメージ 5


仲間の姿・・・

イメージ 6


コマセを撒き・・・釣れて来るのは小鯵のみ・・・コマセに群れて来ます・・・
餌が底に届く途中に鯵の餌食です・・・

暫くして、風が向きが南に変わり・・・竿を曲げるほどの強風に・・・
これでは釣り処では有りません・・・稲妻と共にアラレが叩き付け・雷鳴が・・・
カーボンの釣竿とアルミの背負子は危険なので、離れた場所へ仮置きです。
雷鳴は1時間ほどて通り過ぎたが、黒雲が流れて来るとアラレ・ミゾレ・雨。
ウエアがビショ濡れ・・・滲みて来ないだけ良いのだが・・・


天候が回復せず・・・昼飯の豚汁を煮て・・・ビールとワンカップで・・・
イメージ 7



3時前まで釣りましたが鯵のみ・・・本命の黒鯛の姿無し・・・止める事に。
荷物を背負い・・・急登・・・15キロからコマセを撒いた分は軽く為ったのだが、
雨を吸ったウェアが動きを鈍くします・・・


35分掛かって駐車場に登り返し・・・車に荷を積んでると仲間も到着・・・
4時前に今夜の宴会場の門前地区の民宿へ、まだ誰も来てませんが・・・
毎年の常宿で勝手は知ってます、何時もの部屋で浴衣に着替え・即風呂です。
冷えた身体を温めて・・・二人で風呂上りのビール中に1名が到着。

濡れたウェアは、明日に備えて部屋干し・・・暖房ガンガン燃やして・・・

5時半からの宴会なのに、後の者が来ません・・・辺りは暗く釣りはしてないはず。
5時頃来て聞くと、雷が鳴って釣りを止め・船川の街に昼飯を喰いに行き、
時間までパチンコしてて・・・大勝ちで台から離れられなかったとか・・・


5時半に宴会開始、全て〝男鹿産〟。美味かったのは、〝すごえもん〟の天婦羅。
カジカの一種だそうだが、此れは美味かったし、骨煎餅も初めての味。
イメージ 9


後の2人は、所要で遅れて来るとの事・・・釣れなくても此れが楽しいのだ・・・
イメージ 8


7名全員が集まり、呑みに呑みました~ 翌日まで。
仲間の1人が若女将と同期で、後片付けは明日の朝遣るから、
電気とストーブを消して貰えばOKとの事、ビールはストッカーからご自由にと・・



8日
起きたら・・・ミゾレが降ってます・・・海は北西風とウネリが・・・
入道崎のデータを見ると、北の風17m。これでは釣りに為りません。
朝風呂・朝飯後・・・釣りは諦め、9時まで話し込み・・・
年に2回 春黒鯛産卵時期と今の時期に、泊まりで釣り会をしてますが、
歳を重ねる毎に皆其々色々な出来事が・・・健康の事・嫁の事・等々・・・
話題が尽きませんねぇ~

次回は6月春黒鯛シーズンに若美地区のバンガロー貸切で、退職者も増す様子だ・・
再会を期して解散。


帰り掛けに、北浦港に寄りハタハタ漁の様子を見に・・・
大波が防波堤に打ち寄せてて、網入れが出来ずに岸壁に積まれてました・・・
この荒れが治まれば、季節ハタハタが接岸か???

12月4日

10月の釣行(今季初・戻り鰤釣りへ)以来の鰤釣りです。
11月中は荒天の日が多く、波が高く出航出来ない日々が続いてました・・・

GPV 気象予報(http://weather-gpv.info/)を見て、
4日は出航出来ると読み、予約を居れました・・・
このGPV気象予報は、11日先迄の雨量・風速・波浪等が地域毎に表示されます。
旅行・釣り・登山等に活用出来る優れ物です。

前日に釣り道具を車載し・・・
当日は、夜中の2時過ぎに家を出て、60キロ先の能代港へ・・・
出船は6時ですが、釣り座確保の為・・・
ミヨシ(船首)・トモ(船尾)は波に揺れるが、
片方により人が居なく、お祭り(糸絡み)が少ない釣り座。
揺れが少ないのは中央ですが、魚が走ると糸絡みの率が高いのです・・・

3時前に港に着いたが先客の車が2台、右舷・左舷のトモが先取りされてます・・・
早過ぎにビックリですが、相手も同じ考えの様子・・・
左舷のミヨシと決めて道具を積み込んで、車内で仮眠・・・

5時に乗船名簿を書き、6時に出航・・・後方のキャビンに入り一時間後に釣り場着。
ウネリは1.5~2m程度で、今の時期としては普通の波です・・・

釣り始めて直ぐに、強烈な当りが有り・・・このメタボな鰤が釣れました・・・
エラと尾を切り血抜きし、クーラーへ・・・クーラー蓋の目盛で80cmと確認。
イメージ 1


魚探で天然漁礁を彼方此方探すも、鰤の群れが居なく・・・
7時過ぎから昼の1時迄が、通常の釣り時間でしたが、12人乗船中ボーズが多く、
1時間延長して2時まで沖に居ましたが・・・幼魚が一尾のみ。
群れが南下したのかも・・・次回23日には群れが居る事に期待!!!!



この日、乗ってた釣り船が、船舶無線を傍受した・・・
男鹿半島・入道岬沖を航行中の貨物船から、半分沈み掛けた小型木造船を発見!!
人影無し・・と。海保への連絡無線です・・・我らの釣ってる場所から50キロ南・・・
秋田県には連日の様に、北朝鮮からの漂流船が・・・
ミサイルが飛んで往くは・死体が流れ着くはで・・・困った物ですねぇ~


**********

釣り方は、こんなメタル・ジグ200g~300gを60m~100mの海底まで落とし、
シャクリながら高速で巻き上げる・・・と言う、体力勝負の釣りです・・・
これを餌さの小魚と間違えて、喰い付いて来ます。
イメージ 2


自作の鰤用フック(針)。釣具屋で買えば1個で250円位ですが・・・
単体で買って造れば100円にも為りませんし、色々考えながら造る楽しみも~~
イメージ 3


夜光のジグ、海底で白い部分が怪しく光ます・・・
イメージ 4


仕掛けはPE6号300m・ショックリーダー80~100ポンド5m程度。
掛かった時に、強引に巻ける太仕掛けです・・・

**********



2時まで沖に居て・・・途中波の飛沫を浴びたり・雨に打たれたり・・・
悲惨な結果でしたが、このゴム手が重宝しまた、手が冷たく無い・・・
山スキー用に買った物ですが・・・ホームセンターで1480円、
冷たく無く・雪も付かず・滑り止めも付いてます、先日の八甲田でも効果有りです。
イメージ 5
イメージ 6


港に着いたのが夕方3時・・・車に積み込みして、岐路はライトを点ける暗さ・・・
4時帰宅、鰤は氷漬けにして置いて、真っ先に風呂・・・冷えた身体を温めて・・・
晩酌後に即就寝です~~



翌5日

一晩氷漬けにしてた鰤を捌きます・・・
重さは体重計で量ると、6.1キロ有りましたが・・・俎板が小さい・・・

イメージ 7


腹を割き・エラと内臓を一括で取ります・・・このテク中々でしょう~

イメージ 9




ヒレ脇から出刃を入れ頭を切断・・・
親指ほどの太さの背骨ですが、関節に出刃を入れると、簡単に切れます・・・
イメージ 8


右上 肝臓、右下 心臓、胃袋は開いて良く洗います・・・鰤大根の出汁用
イメージ 10


頭から釜を外します・・・釜塩焼き用
イメージ 11


半身をおろしました・・・オレンジ色の卵が・・・
イメージ 12


三枚おろし 完成
イメージ 13


中骨と血合いを取る為に包丁を・・・柳刃や刺身包丁が無いので全て出刃一丁で。
イメージ 14


中骨血合いを取り、背身と腹身に・・・脂が乗って美味そうです。
脂の乗った腹身は刺身用、背身は照り焼き・粗引き胡椒と塩でステーキです・・・
イメージ 20


アラは、鰤大根の出汁用に・・・
イメージ 15


頭も背骨の位置を外して出刃を入れる、と簡単に切れます・・・鰤大根出汁に。
イメージ 16


大根を下茹でしてから・・・
イメージ 17


アラを入れて・・・鰤の脂が浮いて来ます・・・
イメージ 18


七輪で練炭が燃え尽きる明日の朝まで、コトコトと・・・
七輪も練炭も、これの為だけに用意してます。
家で煮込むと匂いが・・・車庫の床で・・・
寝る前に醤油で薄味付け・・・朝には煮詰まり、骨も柔らかく為ってます。
イメージ 19


これで一本の鰤が、内臓以外余す処なく食い尽くせます~



さて今夜は、鰤の刺身と釜塩焼きで一杯でした・・・
脂の乗った腹身の刺身が美味・焼き物も最高!!!

二人では喰い切れないので、明日は孫宅へ半身配達の予定。



過去の釣り記は↓で。

10月22日
昨日、釣具を車載し体制を整えた。
衆議選の投票日だが、期日前で済ませてる。
3時に起床し、3時半に60キロ先の能代港の船宿へ・・・
21号台風が南に有るが、当地は小雨模様だが風の影響は無く、気温も寒くは無し。

今日の釣り客は5人の予定、2名とは面識が有る。
夜間の運転は目が疲れるし、更に雨・・・出船は6時なので急ぐ必要も無いのだが、
〝釣りと為ると〟早出が何時ものパターン・・・
4時半に船宿着、車が2台。
仲間に電話を入れる、「今、何処走ってる?」「着いてるよ~」隣りの車でした・・・
暗くて判らない・・・暫くして地元の仲間も到着。
早速釣り座の確保、竿を船縁に立て・道具を積み込む。

港の防波堤を出ると以外にウネリが有りるが、小雨が止んだ様子。
秋田・青森県境沖の通称〝テリ場〟と言う、天然漁礁に向かう。
今の船はGPSで目的地をセットすれば、自動運転で走る・・・速度調整は手動だが。
1時間での距離だが、ウネリが有り1時間半で到着、目的地到着の信号が鳴る。
ここからは、魚群探知機を見ながらの操船に・・・

釣り始めるが何処を廻っても、鰤・ワラサの反応が無い・・・
〝テリ場〟は南北に長い海底台地で、鰤・ワラサの南下時の滞留場所。
春先に日本海を北上し、積丹半島沖まで登った鰤達が、
秋の水温低下で南下するのを狙っての釣り。
北海道の秋鮭漁では、網に鮭が入らず、鰤・ワラサが大量だと・・・
海水温が高く南下が遅れてる様です、その影響がここにも。


沖からの〝世界遺産・白神山地〟雲間に白神岳1232mが・・山肌が紅葉してます。
イメージ 1

〝テリ場〟を諦め水深70mの沈船漁礁に向かう・・・

イメージ 2

                           白神山地全景パノラマ
イメージ 3


70m沈船漁礁に着き、海底にジグを落とし・ひたすら煽り巻くの繰り返し・・・

今迄釣った事の無いのが釣れました・・・オオグチ・イシナギだと・・・
50cm・3キロ、滅多に釣れず・浜値で1万円にはなると船長が・・・
イシナギは、アラ同様にどんな料理にもいい高級魚。
但し、肝臓はビタミンAが多過ぎて、中毒を起すので喰わない方が良いと・・・
イメージ 4


鰆 72cm・4キロ 当地でこの型は珍しい・・・
歯が鋭く、針を外す時は注意です。
鰆がまだ居ると言う事は、水温が高い・・・鰆が南下してから鰤が来る。
イメージ 5


鰆の40cmクラスとイナダは釣れたが、
家に持ち帰りは・・・この2尾
イメージ 6


帰路、家には寄らずに孫宅へ・・・晩飯前のいい時間。
娘は深夜勤務前で迷惑顔だったが、娘はどーでも良いのだ・・・
出刃を車に積んでたので、鰆とイシナギを半身づつ御裾分け。
鰆は切り身にして・味噌漬けして焼いて喰えと・・・
イシナギは、背身と腹身を刺身にして二皿に盛ったが、
孫二人が腹身が美味いとパクパク喰うではないか~
5歳で、背身より腹身の美味さが判るとは、流石俺の孫と・・・爺は嬉しかったゾ~


釣行中は雨にも当たらず、帰りは降り出したが高級魚が2種釣れて満足。
次回は、11月末の予定・・・鰤・ワラサのシーズンだ~



追記 10月26日
〝テリ場〟に鰤・ワラサが居なかったのでは無い事が判明。
同日テリ場には、3隻纏って釣りをする集団が居ました。
同じ能代港から出船した船団です。
その中の1隻が、全方位魚群探知機を搭載しており、
従来の船の下を探知する機種よりも遥かに有利。
彼等は、4キロ~7キロの鰤・ワラサの釣果を上げてました・・・
魚は居たが、従来の魚探では魚群を探せなかったと言う事です・・・・

磯釣りを始めて30年にも為りますが、
今迄 撒き餌が禁止されてたとは知りませんでした・・・
何処の釣具屋・ホームセンターのコーナーでも売ってましたから・・・


県内、まき餌釣り一部解禁へ 認知度低く、禁止知らぬ人も】
                          昨年末の地方紙記事より
海に餌をまいて魚をおびき寄せてから釣る「まき餌釣り」。
50年前から禁止されているが、全国的には規制緩和の傾向にあり、
秋田県は来年度からまき餌釣りを一部解禁する方針だ。
県内の釣り人からは「禁止だったの?」との驚きや、
「遠慮なく楽しめる」と歓迎する声も聞かれる。
県水産漁港課は「これまで周知が不十分だったのは事実。緩和は釣り人にとっての利益だが、この機会に漁業者への配慮を考えてもらうように周知したい」とし、
釣具店や遊漁船に釣り人へ周知するよう働き掛ける方針。


釣具屋のHPで、以下の通知が告知されてます。
男鹿半島の規制された範囲では、7.8月の二ヶ月間は撒き餌使用禁止。
範囲外では通年OKの様です。

7.8月は暑いので、磯釣りが敬遠されてますから、影響は少ないと思うが・・・

今に為って「撒き餌、使用可能」とは・・・・

イメージ 1


ここ数日暑い日々が続き、防波堤・岸壁で夕涼みしながら、
半夜のメバル釣りでもしたいなぁ~と思う此の頃です。


↑このページのトップヘ