海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

カテゴリ: 田代岳 (山スキー登山・ルート開拓)

冬期田代岳の新ルート模索中です。

冬期の田代岳へのルートは、一般的に黄色青色のルートが使われてます。

黄色ルート 大広手からロケット実験場への道路を進み、
      金堀沢の標識が付いたカーブミラーの処から尾根に取り付きます。
      尾根筋を登って往くと右手に実験場が望まれます。
      左手の杉林が終わった地点から、約90度進路を南に取ると、
      ブナ林の広い尾根が続きます。
      高層湿原手前からは、岳樺の植生に変り、
      湿原に出ると山頂ドームが目に入ります。
      このルートは林の中を進むので、湿原に出るまでは風の影響なし。

青色ルート 大広手から左に見える杉林を抜け、尾根に出ます。
      忠実に尾根を登ると、湿原に出ます。
      スキーでの降りは、最後の杉林を避け、尾根筋を滑り込むと、
      道路に出れますが背丈程の落差の雪壁有り。

緑色ルート 大広手から沢筋を登り、杉林を抜けるとブナ林に変ります。
(直登ルート)左右共に視界が効かず、急斜面をジグ切って登ります。
      中間地点の750~900mの間は、
      スキーの場合、斜度も有り浮遊感の味わえるルート。
                  樹林の密度が濃く、日差しが当らないので、常に新雪が味わえます。
      シューやカンジキでは、雪が深過ぎてお勧め出来ません。      
イメージ 1

模索中のルートは

赤色ルート 高層湿原から東に伸びるヤセ尾根が、青色ルートから見えます。
      ここを冬期に登り降りした、と言う話は聞いた事が有りません・・・
      地図上には、崩壊マークが記されてますが・・・
      スキーで通過出来るのか?
      900m付近から下は、スキー登行・滑走が可能のようです。
      
冬期の課題に・・・と、思ってます。
選択肢としては、①隣の青色ルートから登り、
         板を背負って900m地点迄降り、滑り込む。
        ②626mピークの右から取り付き、
         900m付近まではシール登行、板をデポして、
         カンジキを使い高層湿原を目指す。

②が、正統派の様な気がしますが、冬までの間 じっくり考えたいと思います。



      

      

2月26日
今日の夕方から天気が崩れる予報。
ここ2.3日は春らしい日なので、崩れる前にヒト滑りと思い、田代岳へ。
山瀬ダム湖の橋から田代岳がはっきり見える、南面には亀裂が・・・
イメージ 1
家を出たのが9時で大広手口着が10時です。
山道の約半分は地面が露出し、ガタガタ道・・・
準備をし10時15分スタート。
TLT+兼用靴で夏道の杉林を抜けた処から、
右尾根に伸びる枝尾根を登る。
イメージ 2
急なので、ジグ登り。
右尾根に出ました・・・
イメージ 3
雪玉はまだ落ちてません・・・しかし、爆弾跡はあちこちに・・・
イメージ 4

林越しに、山頂ドームが見えます。
イメージ 5
まもなく、9合目の湿原ですが・・・雨が流れた跡の縦溝が・・・
嫌な予感・・・・
岩木山がいい感じ。ブナ林の中は風も無く、日差しが強く、
ツナギウエァの上半身を脱ぎ両袖を縛る。汗掻かないようにゆっくり・・・
イメージ 6
ガリガリの縦溝に、薄く粉雪が・・・・登りは良いが滑走が・・・心配。
湿原に出ると、西風が強く体が冷えるので、
ツナギ上を着込み毛の帽子を冠る。
イメージ 7

山頂に着きました、12時。 1時間45分も掛かってしまいました・・・

イメージ 8
ここの神社の中で、おにぎり1個・どら焼き1個。
30分休んで、シールを外し、12時半に滑走スタートです。
イメージ 9

ドーム下の湿原に何とか滑り込めました~
ガタガタの縦溝・・・一番好きなパターンです・・・汗・汗
スキーの跡すら付かない・・・転ばずに良かった~~
左尾根を滑って帰るつもりでいたが、
痩せ尾根は風当りも強く、ガリガリが予想されるので、往路を忠実に・・・
後は、ブナ林間を好きな様に滑って、大広手口着が1時15分でした。
これから暫くの間は、どの山もガタガタ縦溝に悩まされるか・・・・

土曜・日曜と、吹雪・降雪が激しかったが・・・
今日は、曇り一時晴れ予報、低い山なら・・と思い田代岳に。
最近調達した、ディナフィット・TLTラディカルSTの試運転の意味も・・・
大広手口迄の山道は、ダム湖を過ぎると大型ブルで除雪中です。
山道は前回以上に上下にうねり、波乗りロードと化してます~

取り付き点を、大広手口の先に有るカーブからと予定してたが、
何と背丈以上の雪壁で、とても這い上がれない・・・ここ数年にない積雪量。
戻って、定位置に車を止め、夏道から右尾根に取り付きます。
イメージ 1
振り返って、左尾根。
TLTは、軽くて金具の重さを感じません。
爪先左右で固定されてるだけなので、板を引き摺ってる感じ。
方向転換すると、ジルブレッタ404の様なリターン機能が無いので、やや不満。
軽量化の為にそんな機能が無いのは知ってたが・・・
ブレーキ機能を止めて、リターン機能の方が使い勝手は良いと思う。

イメージ 2
夏道には、昨日登ったトレイルが・・・ストックの跡からして、2人か?
登行モード、一段・二段も試しながらゆっくり登り・・・
やがて、ヘアピンカーブで右尾根に合流です。
尾根に上がると、北からの風でブナ林が轟々と・・・
頭上から爆弾が、バサッ、バサッと落下・・・当ったら首折れるかも・・・

イメージ 3
熊棚の処まで来ましたが・・・爆弾が怖くてここで退散を決意!!

TLTを解除しジールを外して、滑走モードで踏み込んで見るが、
上手く往かず・・・爪先の穴に雪が噛み、手袋で掃って成功。若干のコツが必要か?
イメージ 4
途中の雪玉。
帰る途中もまだ除雪してました~ 大型2台で・・・有り難い事です。
三菱重工ロケットエンジン燃焼試験場のお陰です。
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7
マシュマロ渓谷の様子。

今日は、TLT金具の試運転に満足。誰も居ず貸切の田代にも満足。
ラジオで、国会代表質疑を聴きながら降りて来たが、
岡田の久し振に迫力ある質問に、答える安倍の軟弱さを感じた・・・・

2月7日
前日の夜に、明日の天気予報を聞きながら、
秋田駒の下見(雪庇の状態)に往くか迷ったが・・・起床も遅かったので、近場の田代岳へ。
9時に家を出て、登山口10時着、登り始めが10時半。
土曜なので車5台停まってました。
大広手登山口の右尾根・左尾根共にトレイルがはっきりと付いてます。

前回は、左尾根を登り、ダイレクト尾根を滑ったので、
今回は、右尾根を登り、左尾根を滑る予定。
イメージ 1


春の陽射しが心地いい・・・
イメージ 2
途中 熊棚発見 一本のブナに3箇所。
ブナは、50年位経たないと実を付けないと言う。
イメージ 3

イメージ 4


この直径2mも有る雪球は、いつまで持ち応えられるか???
イメージ 5


樹林帯を抜け、9合目の高層湿原に出ると、
山頂ドームは雲の中で視界利かず。
風も冷たく、ファスナー全開を締め山頂神社へ12時半到着。
イメージ 6
神社内には、 田代白髭大神 が祭られています。
田代岳裾野の集落で、田植えが終わった頃に、
この神社で半夏生の祭事が行われるので、
農業の神かと・・・思うが・・・
大館市の小正月行事 あめっこ市 に、
この白髭大神があめっこ(飴)を買いに、
山から下りて来ると言う不思議・・・

4畳半のスペースが板張りで、皆さんそこで昼食。
秋田市の男女グループ・鷹巣山岳会2名。

イメージ 7


一足先に出たグループが高層湿原横断中、左尾根に向ってます。
イメージ 8


高層湿原で、山頂ドームを振り返る。
イメージ 9


いつも停まって眺める滝 普段の水量は見たこと無いが、冬はこの程度・・・
イメージ 10


橋の上から 川幅全部の滝 溜まりに岩魚が居そう・・・
イメージ 11


山瀬ダム湖がまだ凍結してます・・・奥に田代岳が・・・


イメージ 12


帰り掛けに寄り道して、
ディナフィットTLTビンのヒール部を移動取り付けして貰った。
開放値も再設定して1080円は安過ぎないか・・・
次回の山行は、1キロも軽くなったTLTビンで!!!

地元の田代岳1177.9mへ、スキー登山。
 
ここ数日、降雪も無く穏やかな天気です。
山の雪は、絞まってるはず~ 朝飯喰って、9時半に出発。
10時半に登り口に到着、準備し11時スタート、予定のコースは
イメージ 1
 
左側の杉造林帯を 登り、ブナの尾根に上がり、
尾根通しに湿地帯を目指します。
イメージ 2
 
 
1.2日前のスキー・シユー跡が・・・
イメージ 3
 団体が登り降りした様子・・・


イメージ 4
 

この尾根は、風裏(東側)の為にいつも穏やか。
秋にブナの実が不作だったのか、熊棚は一箇所見たのみ・・・
イメージ 5


高層湿原に出ると、山頂ドームが・・・西風が寒いし、晴れ間も消えた・・ 
イメージ 6
 

眼下に、三菱重工のロケットエンジン燃焼実験場が・・・
ここで、H2ロケットの燃焼試験をしてます。
燃料を運ぶ大型タンクローリーが、冬場でも登って来れる様に除雪完備。
三菱のお陰で、田代岳は冬でも日帰り登山が出来ます。
実験場がない頃は、最後の集落から2日も掛かって登山口へ・・・ 
イメージ 7
 

山頂、まだ鳥居は通れるが間も無く×・・・1時着。
神社の戸を開けると閉めるのが面倒(雪が噛んで)、
外でシールを外し、即・滑走・・・ガタガタのシュカブラが・・・
イメージ 8
 

例年同じ処に雪庇が・・・いつもより小さい感じ・・・
イメージ 9


真ん円 珍しい~
イメージ 10

イメージ 11
 

ここから核心部の降りが標高差150mほど、知人のT氏はダイレクトに降りて行くが・・・
立ち木に当ると死ぬ!!
イメージ 12

イメージ 13
 
イメージ 14
 
車に到着、2時丁度。
道具を積み込みしてたら、ローリーが降りていった。
ダブルタイヤにチェーン装着、暖気で緩んだ山道がグサグサに・・・
車輪幅が合わず苦戦!!!
 
田代岳は標高も低く、天気も比較的安定、マイナーな山だが最近人気。
今日は、誰もいなく気分良し~

↑このページのトップヘ