海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

カテゴリ: ◆◆にわか百姓◆◆

10月14日
昨日と今日は秋晴れが続く予報、日中でも22.23℃と涼しい日。
明日からは当分の間、曇・雨マークが続く、晴れの内に遣って置かなければならぬ作業。
菜園の土が乾いてて・籾殻も乾いてる日に運び、鋤き込むのだ・・・

何時も籾殻を貰ってる農家の方に、今年も貰いたいと・・・ポニーを飼ってた処に有ると。

13日朝 車に積んでる“山用具・釣用具”を、車庫に全て降ろし、フルフラットに・・・
2021_10140001
昨日は、籾殻袋9袋に詰めて、3往復27袋を運んだ。何もしないと快適な気候たが、玉の汗。
袋に2/3詰めて、トントンすると・・・中で締まり、更に詰め込む事が出来る。
これが結構重い・・・15~20㎏位か・・・もっと有るかも・・・
菜園に撒いて、即風呂に入る。籾殻の粉が肌に付くと、痒いのだ・・・
詰める作業は腰に来る・・・夜は一杯呑んで、即就寝・・・

今日も、2往復して18袋を運ひ、菜園に撒く・・・午前中に終え、即風呂、昼飯です。
2021_10140002
昼から耕運機で撹拌作業・・・春先以来だが一発で始動、? ガソリンが0に近い・・・
スタンドに買い出しか?と思ったが、車庫に春の余りが1L程残ってた、手間が省ける。
2021_10140003
10cm厚程に撒いた籾殻に、念入りに耕運機を掛け、満遍なく土と混ぜる。
フワフワの土に変身、これで冬を迎え、雪の下で4月迄・・・寝かします。
籾殻を入れるのは、①土が締まらない。②根の張りが良い。③腐れば肥料の足しに為る。
④水捌けが良くなる。
コンバインの刻んた稲藁が、肥料にも為り最適だが、田圃で集める手間が大変だ・・・
2021_10140005
春先に、石灰と有機(油粕・鶏糞)を撒いて、耕運機を掛ければ、一回で畝立てが出来る。

籾殻が落ちてる車内を掃除して、雑巾掛け。耕運機を高圧洗浄して格納。
其内に暇を見て、“山用具・釣用具”更に“山スキー用具”を再車載しよう~

明け方寒く為った・・・夏用の羽毛布団では寒く感じる。厚手の布団を虫干しした・・・
2Fの窓から1Fの陸屋根に投げ、3時間で裏返し・・・日光消毒・・・
2021_10140006
これからは、布団が干せる日は、何日も無い・・・今夜はフカフカで寝れる。

秋の重要な作業が終わった~ 
庭木の雪囲い等は面倒なので、去年から止めた、折れようが自然の摂理に委ねる方針だ。
10月末迄は、十和田湖姫鱒に専念しよう~ 今年はまだ1尾も釣って無い・・・
腕が鈍った訳では無い・・・待ってろ姫鱒!!!

9月23日
夏過ぎ頃から、常緑樹なはずの金柑の葉が、黄色く為って落ちる・・・
3年位の間、植え替えをしてないのが原因だ。
春先にと思ってが、この冬で葉が全部落ちてしまいそう・・・
鉢から抜こうとしたが・・・根が張り過ぎてて簡単には外れない・・・
片手で幹を持ち、鉢の縁を足で踏んで、やっとの事外した。案の定、根がビッシリです。
2021_09230007

捻り鎌で根を払い、太根は鋏でカット・・・
2021_09230010

スッキリしました・・・赤玉と腐葉土を半々に混ぜて・・・隙間無く割箸で突く・・・
2021_09230012

タップリ灌水して一丁上がりです。もっと早く遣れば良かったのに・・・
2021_09230018

温州みかん 金柑と同じ年に植えたが・・・
大鉢なので何とか持ち堪えてるが、葉が黄色味を帯びてる、来春には植え替えて遣ろう。
2021_09230013
今年は摘果後17個・・・
2021_09230014
正月過ぎから、月末頃に収穫です。
2021_09230015
あまり枝を張らせると・・・冬場に家の中に、避寒させるのに邪魔に為る・・・
2021_09230016

Blueberry2種 今年始めて植えたが、枝を太くさせる為に、花は摘花した。
紅葉が始まった・・・寒冷地用の種なので、冬場は雪の下に放置のつもり。
2021_09230022

オクラの種採り 何年も苗を買わずに、種を採って育ててる。簡単に発芽するので楽。
2021_09230020
向日葵を干してる・・・去年までは、孫が飼ってたハムスター用に植えてたが、
あの世に召されたので、行く宛て無しだ・・・。冬に庭に来る小鳥用に給餌台を作って、
居間からから眺めるつもりだ・・・100玉以上乾燥させたが、まだ咲いてるのも有る。

秋の日差しは短い・・・あれやこれやで、一日が終わる・・・
姫鱒釣りの準備も有るし、これでも結構やる事が多い。

8月8日
4mの風予報なので、張り切って50キロ先に出掛けた・・・
着いたら・・・浮き桟橋周辺に、“クラゲ集団”が押し寄せてるので、今日は中止だと・・・

講習の主催が市の体協、熱中症警戒アラートや安全面には煩い。
子連れでカヌーなど乗りに来るので、やむを得ないのだが・・・

五輪ヨットの男女決勝レースを見て、その気で行ったのだが・・・残念。
15日は体協が盆休みで、講習なし。22日から後期講習が始まる。



西瓜
頭大に成長。盆には間に合いそうにない・・・
2021_08090002
2021_08090005
2021_08090006
孫が来たら、スイカ割りをさせよう~
2021_08090007
カラスに喰われない様に、刺し網を切って被せる。


8月1日
8月に入った。毎日曜日の講習も、8.9月と残り少し・・・
予報では、曇り・東寄りの風3~4m、絶好のはずだったが、現地に着くとほぼ無風・・・
風力発電のプロペラが、やっと回る程度の風です。
2021_08010002
500m先の対岸まで進んで、タッキング。向きを変えて戻ろうとしたら・・・
急に風が弱くなり・・・進んでるのか? 浮かんでるのか・・・
舵が水を分ける軌跡が少しだけ見られる・・・ユックリ進んでる様です。
2021_08010001
やっとの事で、浮き桟橋まで辿り着いた・・・
この後、風力発電の風車が止まり、無風状態が続き、小雨も降り始めて、本日の講習中止。
消化不良の一日でした・・・


胡瓜から南瓜が生える
胡瓜を2株植えて、それぞれから100本位収穫。
そろそろ最盛期が過ぎて収量も減り、成長盛のゴーヤにネットを明け渡す時期か・・・
と、思ってた矢先に・・・胡瓜の根本から、明らかに違う葉と蔓が・・・・

胡瓜の苗は、南瓜に接ぎ木した苗を毎年買っます。(病気に強く、根張りも良い)
しかし、南瓜が生えたのは初めて・・・
黄色の小さい花が胡瓜です。デカイのが南瓜の花・・・今朝初めて咲いた。
2021_08020001 (2)
朝顔並の大輪です・・・上手く実れば、秋には南瓜が喰えるかも~~
2021_08020001

疫病禍中の五輪
五輪4連休で人流は増加、罹患者はうなぎ上り。“ドンドン良く鳴る法華の太鼓”状態です。
重症患者が100の病院から断られ、救急車で8時間も彷徨うとは・・・
パラでは、有観客も視野に入れるとの寝言に、笑止。
選手村からの出入り自由・送迎車の当て逃げ・弁当廃棄等々、何でも有りの五輪ですね。

期待通り活躍の選手・?の選手等、様々です・・・五輪に魔物が住むって、本当ですか?
報道の煽り過ぎも有るが、それが今の実力でしょうね。

今夜と4日夜は、セイリング470級のレースが放送される。一流の操船を期待して見よう~~



7月27日
今朝の収穫。
胡瓜は2本植えたが、毎朝10本程度の収穫。2人では喰いきれない量。河童に為るかも・・
ピーマンも2本から5~6個収穫。オクラも売ってるサイズ前に収穫、これが美味いのだ。
2021_07270002
ミニトマトが生り始める。最盛期には、ザル一杯・・・
2021_07270003

鉢植えの温州みかん。ピンポン玉位に・・・・毎日の水遣りが欠かせない。
2021_07270004

大玉金柑。
2021_07270010
2021_07270012

今年初めて植えた西瓜。去年喰った西瓜が美味かったので、種を採って置いて、春蒔いた。
2021_07270005
何と、殆んどの種が発芽。丈夫そうな茎の太い苗だけ残し、他は抜き取り埋設肥やしに。
2021_07270006
ネットで育て方を調べる。花を摘み受粉させると書いてたが、虫が勝手に受粉させてた。
2021_07270007
親指大の実が次々と生るが、摘果して一株に2個に・・・日増しに大きくなる実感。
2021_07270008
直径が20cm程度に・・・・緩衝剤を敷いて、雨で土の跳ねを防ぐ・・・
2021_07270009
6玉実らせてるが、美味いのが出来るか?  この夏最大のテーマだ・・・

6月27日
ヨット講習3回目、先週は6~8mの風が吹き、乗る自信が無かった・・・今日の予報は3m。
シーホッパー挺を浮かべて、北寄りの風で遊ぶ~
2020_09200001
対岸まで500m、海までは600m。河口に向かうと波が入り込んでて、小刻みなウネリ・・・
上下動が地震酔いの感じで、気持ち悪い・・・
2021_06270003
ウインドサーフィンの受講者も来たが、帆を倒した状態でも、立つのが難しいらしく、何回も落ちる・・・指導員曰く、帆を立てれる様に為るには、秋の講習が終わるまでに、どうだか?・・と。
2021_06270006
帆を付けないボードに乗り、パドルで漕いでた。
まだ水温が低い、あれだけ“沈”しても・・・凄い根性!!!  (Wサーフィン画像は指導員)
2021_06270005
2021_06270004


************************************************

孔雀サボテンの咲く季節に為った・・・直径15cmを超える見事な“夏色”の大輪。
2021_06270002

ニンニクの収穫
去年の11月に、買い置きしてたニンニクに芽が出始めて、植えて見る事にした。
一玉300円もするそうで、これが上手く栽培出来たら、何となく儲け物・・・
10月頃の植え付けが普通らしいが、駄目もとで・・・育てて見た。
葉が枯れ始めたので、収穫の時期です。
2021_06280001
植えたニンニクは、青森産・福地ホワイト6片。
掘って見ると・・・6片は一玉も無し・・・5片・4片・3片やはり、にわか百姓です。
素人が初年度から、6片を育てられたら・・・プロ農家は立場無しかも・・・
2021_06280003
2021_06280006
根と葉を切り、紐で結んで、陰干し・・・
2021_06280007
深植えせずに、球根二つ分の深さで植えると、実が大きく為るとか・・・後で知った。
秋には植え方を守って、充分に根が張ってから越冬する様に、10月に植え付けをしよう。


ダンスイベントでクラスター
県内の国公立4大学のイベント、100人も集まり19日開催。今の処24人が感染・・・
頭の大した事ない奴が、何と多い事か・・・中に女子高生も居たとか、呆れるばかり。
正に
Saturday Night Feverだ・・・

6月20日
今年2回目の講習。予報では、南寄りの風が6mから8m・・・
先週の、穏やかな日と違い大丈夫だろうか~ 
艇庫から、一人乗りのシーホッパー(画像の挺)を台車に載せ、陸で組み立てる。
帆が予想以上に風でバタバタ・・・ブームで頭を打たない様にロープ類をセット。 
3人で持ち上げ、浮かべたが・・・浅瀬でセンターボードが立てられぬ・・・
ラダー(舵)をセットするのも、風で一苦労・・・センターボードが入って無いので、
風に煽られて危うく、“沈”寸前です・・・(この画像は過日のもの)
4e5c7e13-s
1人が挺を抑え、1人がブームのバタ付きを抑え、1人は中の水の掻き出し・・・
陸に上げて、艤装を解除です。マストを抜き、台車へ・・・
帆の小さいOP級(画像の挺・参考)なら何とか為ると・・・
シーホッパーを艇庫に運び、OP級と入れ替えです。
cba9f04e

OP級を艤装して、指導員の1人が乗り込んだが・・・南寄りの風に押され・・・
風上に上れずに、東に流される・・・
2021_06200001

風に押されて接岸・・・指導員の1人がカヌーで応援に・・・降りて、曳いて戻る。
2021_06200003
風が増々強まり、今日はこれ以上無理と言う事で、11時に終了。消化不良の一日でした。

辛坊氏
太平洋単独横断、復路にも挑戦だと。
無線・エンジン・レーダー・GPS付きでも、凄過ぎる!!!
59年前に6mのベニヤ板ヨットで、観天望気と風だけを頼りに、世界初単独横断に成功した堀江氏と比較に為らないが、現代の冒険には違いない。帰路も無事で!!!


****************************************************************

帰宅して、夕方・・・トマトの脇芽を摘んで、挿してたのが発根したので、定植しました。
ミニトマトの茎周りに、根切り虫除けの粒剤散布。
2021_06220001

桃太郎の挿し芽も定植。画像奥の親トマトの育ち具合と比べると、挿し芽はこんなもの。
根を出す為に、約2週間は成長しないので・・・
2021_06220003

オクラも苗床から移植して・・・画像上のゴーヤと西瓜苗は余った物、そのうち処分です。
2021_06220005

ニンニク 葉が枯れ始めて来た・・・半分以上枯れたら収穫だが、初挑戦のニンニク出来具合が気になる処です・・・球根を植える時期が遅かったので。
2021_06220004
日中は暑いので、菜園作業は朝夕限定・・・何故か、野菜の成長より草の繁茂が早い・・・


五輪
客を入れての、強行開催の様子ですね・・・夏休み・盆と重なり、確実に“第5波”到来。
飲酒規制中なのに・・・五輪会場でビール販売?  アサヒ聞かれて「コメント控える」だと。「世情を考慮し、会場での販売は控える」と答えたら、ガブ挙がるのに・・・出資金勿体無かった?

6月12日
昨日は、何と34.2℃。年に1回有るか? の気温でした。
6月前半で、この温度・・・今年の夏はどうなる事やら・・・

“ピンクチャイム”が満開。何処から集まったのか? 蜜蜂達が頭上でブンブン。
2021_06120006
20170525

ゴーヤ
5月27日の時点では、発芽したばかりだったが・・・
2021_05270007

間もなく、定植出来るまでに・・・太い苗を3.4本だけ育てます。
2021_06120001

西瓜
5月27日の時点では、双葉。去年喰った西瓜が美味かったので、種を採って置いて・・・
2021_05270006

西瓜の栽培は初めて、この中から2本選んで定植予定。上手く喰える奴が実るか?
2021_06120002

オクラ
5月27日の時点で、双葉。
2021_05270005

ゴーヤ同様毎年種を採って置いて、自家栽培。20本も植えれば、喰うには充分。
2021_06120003

韮(ニラ)
大株をカットして、7株に小分け。伸び次第刈ってニラ玉に・・・

2021_06120007

放置してると、どんどん株別れして、こんな姿に・・・
2021_06120008

茗荷も育ち始めた・・・刻んで薬味・御浸し・卵綴じ、大人の味。
2021_06120010

温州ミカン 花が咲き、小粒のミカンが既に付いてる。
1cm位に為ったら、一枝一個に摘果して・・・
2021_06120011

明日は、3年目のヨット講習の初日。天気もマズマズ。張り切って・・・





党首討論会・・・期待してたが、聞く方も・答える方も、無気力試合に近い、ガックリ。
五輪運動会・・・読売の世論調査??? 何が何でも遣る気・・・
        五輪後は、第5波で“コロナパラ”に為りそうですね・・・クワバラ々。
ワクチン接種・・秋田市の友が、11日の予約開始初日にネットが繋がらず・・
        (初日からシステムダウンで開通の目処なしだって)200回目の電話が
        通じて予約出来たと・・・慢性成人病に癌持ち・・・大変だ。
        

6月1日
今日・明日と、珍しく晴れ予報でした・・・鳥海山で板納のサマースキーも考えたが、
この時勢・・・その気にも為れず・・・畑仕事に専念する事に・・・

5月27日の(にわか百姓②苗の植え付けと発芽の続き。
もう少し伸びてからと、思っていた食用菊の株分けを今日した。
晩秋に切った株から、出た新芽の中から、20本ほど定植。
画像の手前が掘り起こした株、この中から太目を選んで1本だけ植える。
根は2.3本出てれば、定植後2日位散水すると活着する。菊は以外に丈夫なのだ・・・
この一手間掛けないと、花芽が沢山付かない・・・
活着して成長が始まれば、株間に“油粕”を一摘みで、“もってのほか”の収量間違いなしだ。

2021_06010008

27日には気付かなかったが、ニンニクに花芽が出始めた・・・
茎の先から葉では無い茎が伸びて、途中が膨らんでる。
ここに花が咲き、玉を付けると言う。その玉を種として植えてもいいらしいが、
ニンニクに為るまで2年掛かるらしい・・・(一般的には、食用にしてる1片を植える)
ネットで調べると、これを抜いたのが“茎ニンニク”で、油で炒めると美味いとか・・・
そのまま置くと、開花し玉に養分を摂られるので、球根の育ちが悪いので抜くと有る。

2021_06010009
2021_06010011

桃太郎・ミニトマトも脇芽を出したので、挿し芽第2弾。桃太郎4本・ミニ6本挿す。
以前に挿した、奥の3ポットは、枯れずに順調・・・そろそろ発根したのか・・・
2021_06010001

天道虫ダマシに葉を喰われた馬鈴薯。27日に“薬”を散布したが、展着剤が功を奏したのか?
その後2日雨が降ったが流れる事なく、“天道虫ダマシ”は近着け無い様だ・・・
新しい葉が元気に出ている、その内芽欠きをしよう~

2021_06010006

ピーマンの風除け行灯を外した・・・後で根回りに油粕を施すとしよう~
2021_06010007

牡丹が開花、今年は蕾が多い。
2021_06010005

見難いが・・・温州みかんに、白い蕾がいっぱい~
2021_06010012
2021_06010003

ブルーベリー、順調に葉を茂らせてる。早く太く育て!!!
2021_06010004

五輪運動会・・・1週間前の陰性証明付きで、観戦可だとか・・・やっぱり遣る気なのか?
        選手村は、飲酒可・歌麿柄コンドーム15万個付きの酒池肉林五輪、
                             昼はsportの祭典・夜はsexの性典
・・・フムフム納得・・・
        GHQが日本統治の際、若者にsport・sex・speedの3s推奨が彷彿と。
        知ってる者は少ない時代に為った・・・

大坂なおみ・・・前からメンタルに問題有りだったが、あんたTOPプロだろ? 

支那で新たな“疫病”発生・・・鳥から人に感染する、新型の鳥インフルエンザだって・・・
              習近平 何を企んでる! 世界制覇? 
              これもわざと研究所から漏らしたのか? 迷惑な民族だ。

5月27日
2021_05270001
庭の“キスゲ”が咲き始めた。
雪解けと同時に芽吹き、草丈3・40cmで開花し、秋に種を付ける。
この種を蒔くと半分は発芽し、分蘖して増える。生命力の強い山野草だ。


4月28日に畝立てをして(
、GW中に苗の植え付け・種蒔きを考えてたが、5月8日の朝に“遅霜”が降りてて、暫くの間天候の様子見をしていた。

馬鈴薯は去年収穫して、喰い切れなかった芋の中から、男爵23・メークイン23個を植える。
芽吹いて、そろそろ間引き・・と思ってたら、何処からか天道虫ダマシが風に乗って襲来。
葉先の柔らかい処が喰われてる・・・長雨が続いての異常発生です。
例年は、葉が茂り花芽の付く頃に発生するのだが、今年は早い・・・一株に5・6匹も。
飛んで来るので潰しても限り無い数、“ヤク”を1000倍に希釈・展着剤を入れて噴霧。
居た奴は死に・3日経ても以後飛来せず・・・此位の食害だと新葉が出るので影響なしか?
展着剤入りなので、雨には流されないが・・・何日持つのか・・・新葉が出たら再来か?
2021_05270002

GW明けの11日に、JAの資材センターから各種の苗を調達。ホームセンター等の苗よりは、農家が自家栽培用に育てた苗の余りを買う方が、気持ち高いが質は良い様に思う。

桃太郎を3本、ミニトマト楕円の赤1本・黄色1本、丸1本。
定植し風除けの“行灯”仕立てで、根が活着するのを待ってたが、
今日行灯を取り除き、支柱立てをした。
2021_05270003

トマトの脇芽を挿して増殖。
桃太郎は、基本一本立ちで育てるので、脇芽は全て欠くが、5~10cmのを挿し芽にすると、
10日ほどで根付いて成長が始まる。
その頃に為ったら定植すると、親株の収穫が終わる頃から、子株の実も赤くなる。
2021_05270013

胡瓜も2本植えた。これも行灯を取り、ヒゲをネットに絡ませる。
収穫最盛期になれば、2人では喰いきれない量だが、折れたり・枯れたりの予備で2本。
手前が食用菊・ピンクの“もってのほか”だが、黄色の菊よりは絶対美味いと思う。
切り株の脇から芽吹いてるが、もう少し伸びてから、株分けして一本で定植。
花を摘んで、花弁を外す手間が面倒だが、サッと湯がいた御浸しは美味い・・・
2021_05270008

ピーマン。これも予備を考えて2本、成長が遅いので、行灯はもう少しこのまま・・・
2021_05270012

オクラ。
生り始めると成長が早く、収穫時期を逸したサヤを、そのままにして置くと20cm超えに。
秋に枯れたら、灰色の種を採り、翌年ハウス仕立てで蒔く。
温度が低いと発芽しないので、手間が掛かるが・・・元気に育つ奴を後日定植する。
2021_05270005

去年喰った西瓜が美味かったので、種を捨てないで取ってた。
それを蒔いて見たら・・・こんなに発芽。
西瓜は初めての体験、美味い実が生るのか・・・? ネットで育て方を勉強中。
2021_05270006

ゴーヤ。これも地温が上がらないと発芽しないので、ハウス仕立て。本葉が出たら定植。
青いゴーヤをそのままして置くと、黄色に完熟して落ちる。
中に、赤い果肉に包まれた黄色い平らな種。苗が高いので、毎年自家栽培だ・・・
虫も付かず、育てるのは楽。以外に中の白い綿の天婦羅は、苦味も無く美味い。
2021_05270007

アスパラ。今年は大失敗・・・去年の秋に、余りにも茎葉が茂ったので、刈り込んた。
例年は、茎葉が枯れてから刈ってたが・・・今年は細いヒョロヒョロより出ない・・・
ネットで調べた・・・根株に養分が溜まったら、枯れ始めるのだと・・・
枯れる前に刈ったので、根株に養分が無く、太い芽が出ないのだ・・・初めての失敗。
毎年、太くて美味いのが出るのに・・・妻にブーブー云われる・・・
2021_05270009

去年の晩秋に初めて植えた、ニンニク。売り物並みに育つのか? 夏に葉が枯れたら収穫。
2021_05270004

ブルーベリー。寒冷地向きハイブッシュ系の、デキシーとウエイマスを各1本調達。
同系の2種が有ると、実の付きが良いのだとか・・・1本約500円也。
当初は、地植えを考えたが・・・酸性度4~5の土壌でないと育たないとか・・・
最低でも直径50cm✕深さ50cmの穴を掘り、ピートモスを入れ・盛りを作り、水捌けを良くする必要が有るとか・・・
ピートモスは3kg入りで500円もする高価な培養土、2穴を満たすだけ買うと幾らに為るのか? ネットで調べると、鹿沼土との混合だと水捌けもいいらしい・・・
2袋買って、手持ちの鹿沼土を混ぜて、菊鉢に植えて見た。
花芽が沢山付いてたが、枝が細い時に実を付けさせると、木が育たず枯れる率が高いと。
2.3年は花を摘んで木を太らせるのが、将来に継るらしい、この状態で育てて見よう・・・
2021_05270010
鉢全体に根が廻るまでは、2.3年掛かるだろうし、その時一回り大鉢に植え替えるか?
地植えにするか? を考えれば良いのだ・・・

百姓業は、時間と手間が掛かるが、やって見ると・・・以外に面白いのだ・・・


さて・・・緊急事態宣言が、延長せざるを得ない状況・・・
延長しても、いまのダラダラ感では・・・延長しても先が見えてますね・・・
規制緩和等したら元の木阿弥、ギリっと、もっと締めないと。
五輪大運動会も・・・五輪貴族が好き勝手な事を言ってるが・・・
菅が中止と言っても、IOCがやるだと・・・訳がわからない話に為ってます。
五輪契約は、都とIOCなら・・・小池百合子頼みですね。

4月28日
庭に遅い春が来た。水仙の盛りが過ぎ、連翹が咲いてる。
DSC_0036-1024x683

木瓜が開花、木蓮は大きな蕾を膨らませてる・・・
2021_04270007

地植えの苺は、雪の重さから開放されて、ようやく新葉が立ち上がったばかり・・・
本来なら、秋口にシュートで生えた新株を定植するのだが、手間なので3年は放置してる。
有機肥料の石灰・牛糞堆肥・油粕を混合し、株間に散布。これで今年も苺が腹一杯喰える。
2021_04270005

南向きの軒下の苺は、窓ガラスの反射や外壁の輻射熱で、成長が早くて開花が始まった。
同じ路地植えでも環境が変われば、これだけの差が出るのが不思議だ・・・
2021_04270009

今日、菜園の畝立てをした。
予報では、GW中は長期雨予報。長雨が降られると、土が乾くまで機械での耕作は、
団子に為り上手く行かない・・・百姓業は、天気とのニラメッコだ・・・
雪消後の土が乾いてから、雪の重みで固くなった畑に、酸性中和の為に苦土石灰20Kgを撒き、1回目の耕運。1週間置いて、有機のボカシ堆肥を40Kg撒いて2回目の耕運。
そして、今夜からの雨予報なので、畝立てを・・・わずか80坪ほどの面積だが、
手間を掛ければそれだけの見返りが有るのが、百姓業の面白い処だ・・・
2021_04270001

初めて、ニンニクを植えて見た・・・昨年の晩秋に、買い置きしてた青森産ニンニクが、
発芽し始めて・・・勿体無いから早く喰う様に促されたが、ガバガバ喰える物でもなし。
纏めて2.3株分をホイル焼きにして、味噌漬けにしたのを、晩酌時に1.2個喰う程度だ。
ネットで栽培方法を調べ、植えたのだが、雪解けと共に芽を出して、今はこの状態。
3個は芽が出ず、掘って見たが・・・土中で腐ってた、夏に茎が枯れたら収穫と言うが、
上手く出来るのか?今から楽しみ。今年の秋に、一畝も植えたら買わずに済むかも・・・
2021_04270006

家庭菜園と言っても、スコップや鍬で耕すのは、大変な労力が必要・・・
愛馬?の“ポチ”、ガソリン3Lも喰わせれば、疲れ知らずで働いてくれる。
退職後、JAの農機具センターで、畝たて器付きで15万で買ったが、使用後洗って小屋に放置してても、故障なく働いてくれる優れ者・・・既に元は取った様な気がする。
2021_04270004
ホームセンター等で売ってる、HやY社の家庭菜園用の耕運機は、軽量で扱い安いが、
本体の重さが無いので、固い土の上では跳ねるし・耕運深も浅く、JAの言う事を聞いて正解だったと思っている。

今年は、ブルーベリーの栽培も予定してる。温暖地向きの種と寒冷地向きが有る様だし、
挿し木で増やせるらしいので、菜園周りをBB畑に!!  これもやって見る価値が有りそう~

今の処GWは雨予報が続くので、春山スキーも期待が出来ず・・・
世の中“支那の疫病”で大騒ぎだし、種蒔きや苗植えに専念しそう・・・

2月6日
雪国秋田で、みかんの収穫。今朝、残りの実をハサミでチョキリと・・・
採れたてよりも、一週間ほど置いてからの方が、何故か美味いのだ・・・
2021_02050005

6月24日
5月末に白い可憐な花が咲き結実。左鉢は金柑、右鉢が温州みかん。
390df6d1-s

小指の先ほどの、みかんが・・・。
鉢植えでは、一枝に1個に為る様に泣く泣く摘果。
45677131-s

8月24日
ピンポン玉の大きさに成長。この頃“アゲハ蝶”が、葉に産卵に来る。
朝夕 葉の裏表をチェックして、黄色い卵をプチプチ潰す。
アゲハ蝶に悪いが、孵化して葉を食い荒らすから・・・
a7990c8a-s

10月29日
普通のみかん並に、大きく成長。
6e802b0c-s
b4972032-s

11個ほどが、徐々に色付き始める・・・
de164ba2-s (1)
11月に入ると、霜が降りて駄目に為るので、玄関内に避難させる。

正月に孫が滞在中、喰いたいと言うので、勿体無いが1個つづ収穫させて喰わせる。
「少し酸っぱいが、美味い」と。当然だ、手塩に掛けた無農薬・有機栽培だから・・・

1月中旬、妻友達の集まりに3個提供。「秋田でも、成るんだ~」と、分けて喰ったらしい。
残り6個、完熟期まで実らせて置く。長く実を付けて置くと、木が弱り今年の収穫に影響するらしい。


世の中の不思議・・・
①疫病罰則は結構、入院希望しても出来ぬ現状は、誰が罰を受ける? 片手落ちでは・・
②この支那の疫病禍で、まだ五輪やりたい奴が居る。モリンピックだって・・・
③菅の弟疑惑の次は、倅が話題に登る。秋田市内でマンション暮らしの老母は、何思う・・

11月18日
霜が降る時季になった。孔雀サボテン等の寒さに弱い鉢植えは、軒下に避難させてたが、
昨日は日中暖かく、鉢の汚れを洗い・十分に水を吸わせてから家に上げる。
3段ラックに鉢受け皿を並べ、遅霜の心配が無く為る5月迄の間は、廊下が彼らの棲家だ。
作業中に・・・孔雀サボテンに“蟷螂”が居た、産卵を終え生涯を閉じたと思ってたが・・・
柘の芽出しさせた鉢(2年物)に止まらせて置く・・・この寒さで後何日持つのか?
2020_11180004

今日の昼過ぎに見たら・・・
柘の鉢から網戸に登り、雄で有ろう茶色の蟷螂の首根っ子を、“鎌”で押さえてます・・・
2020_11180010
囓って、首と胴を切り離してます・・・
蟷螂は、産卵の為に雌が雄を喰うと言うが、本能とは言え“女”は怖いですねぇ~
2020_11180019
2020_11180022

19日 今朝見たら“完食”です。羽や足の残骸も無く、恐るべし!! 
寒くて動けないのか? 留まってる位置もほぼ同じ。
2020_11190002



“ニンニク”が芽吹いた。
この夏食用に買って、偶にホイル焼きで喰ってたが、白い球根の先から緑の新芽が・・・
ニンニクは育てた事が無いが、ネットを見ると・・・秋に植え付けをするとか・・・
1片毎に分けて、20片程を植えたが上手く芽が出た。
このまま雪を被り、雪解け後再び成長すると・・・水仙の球根と一緒かも・・・
ニンニクは多肥が必要だそうで、有機肥料の牛糞を施して植えたが、楽しみだ・・・
2020_11180006

“温州ミカン” 段々色付いてきました\(^o^)/。昼に一番色の良い1個を妻に喰わせたが、
2020_11180008
「レモンより酸っぱい・・・」と、一房喰って見たが・・・とてもとてもです(-_-;)
2020_11180009
毎年正月明け頃に為ると、普通のミカン並の甘さに為るのですが・・・
日差しの有る日は、外に出して日光浴。夜間は玄関に入れ霜防止、結構な手間です。

昼から無風なので、以前に庭木剪定した枝やら落ち葉を集めて、盛大に落ち葉焚き。
冬への準備、進行中・・・雪の下に為りそうな木々の雪囲いが残ってるが・・・


最近の出来事 諸々思う
①“戻り鰤”釣り
春先に日本海を北上して、北海道積丹半島沖で育った鰤が、水温低下すると一斉に南下。
11月に入ると、秋田沖を通過・・・それを狙ってメタルジグで釣るのですが・・・
11月8日・14日と釣船予約してたが、波が高く欠航・・・晩秋の日本海は荒れる日が多い。
16日の予報は波が2m程度で、急遽予約替え・・・前日に為り、風速が10mに変わり欠航。
3回連続のペケ・・・3万の出費は免れたが・・・逃した鰤は大きかったかも・・・

今月はこの後、22日・28日と乗船予約を入れてるが・・・どうなる事やら・・・

②“老い”と“病” 釣り仲間や山仲間達が・・・
A氏、膵臓だか?胆囊が、“癌”に冒され約2年通院加療中だが、仲間の便りによると・・・
脚立から落ちて救急搬送されたと・・・手術するらしい・・・気の毒でTELも出来ず・・・

B氏、スキー1級・サッカー選手だった。後年はフットサルの普及にも貢献してたが・・・
最近足腰が駄目で、岸壁から船に乗り移る自信が無いと・・趣味の菜園も来年は止めると。
ノルディックウォーキングならバランスが取れるから、毎日歩けと励ます。

C氏、一冬5.60日もスキー通いをしてたが、今年の春山スキーで不調な姿を見た・・・
夏に、何て事無い山の下りで、バランスを崩し転倒滑落したと・・・
その後体調不良て診て貰ったら、脳梗塞の跡が新旧2箇所有ると判明。
今思えば、旧は春スキーの頃か? 新は夏の転倒か? 片手の握力が半分程度だと・・・
リハビリ専門病院に入院し治療中、朝筋肉が硬直してて、動かすのに大変だとか・・・
ストック無しでも華麗に滑れるレベルだが、この冬を目指してリハを頑張ってる。
目指せ鳥海・待ってろ鳥海だ!!! 


D子ちゃん、小学校からの幼馴染で有る。先月メールで“癌”で手術、一週間で退院したと。
鳥海初雪登山の帰りに“お見舞い”・・・また、メールで術後の検査で再度手術かも、と。
ヤブ医者では駄目だし、セカンドオピニオン・内視鏡でなく開いて取って貰えと言う。

この歳に為ると・・・自分を含めて、皆何処かにガタが来る・・・あぁ~嫌だ嫌だ!

③支那の疫病蔓延中
ダウンロード
第3波到来、全国の日別新規感染者数が“ウナギ登り”。段々良く鳴る、法華の太鼓状態。
それでも経済重視で、GO TOは止めないと言う。医療崩壊目前なのに・・・
札幌市民には外出自粛要請し、観光客には来て欲しいと。Wスタンダードだよ 知事!
N95のマスクして(余程疫病が怖いのか?)、来日した奴が居る。
https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO6625952016112020MM0001-KB2-2
欧州は非常事態宣言多発中なのに、誰が観に来る? それでもヤレルの???  
米国メディアに、既に徴収済の違約金払いたく無いだけの理由で、中止にしない・・。
建てた箱物は仕方無いとして、これから掛かる出費予算を、医療充実の為に使え!!!


④“眞子”の文章読んで、ビックリ(@_@;)。 なら、どうするの記載も無く。お花畑。
th
“愛や恋”で、飯は喰えぬ。笑ってしまう・・・我が家の娘の方が、地に足が着いてたよ~
何の苦も無く、ボーッと育ったからなのか・・・小保方以来の困ったチャンだ・・・

8月24日
日中の日差しは暑いが、朝晩は半袖では寒く感じる様になった。
間もなく、夏も終わる・・・トマト・胡瓜・ピーマン・オクラ等は、最盛期を過ぎたが、
ミニトマトはまだ日々この程度の量は収穫出来る。
2020_08240001

最後の胡瓜が1本、今年の夏は胡瓜が高かったらしいが、2株の苗を植えて200本近く収穫。
苗が250円なので、1本当たり2.5円換算。オクラは昨年に、種取りをした種を蒔いた。
2020_08240004

ゴーヤは今が盛り、今日は8本収穫。これも昨年の種から育てた・・・
2020_08240002

春先に植えた“北あかり” 
2020_08240005

メークイン、今年は有機肥料の施肥具合が良かったのか? 北あかりと共に大玉だ。
2020_08240006

2020_08240007


2020_08240008

“温州みかん” 鉢植えなので、摘果して10玉に・・・正月明け頃には喰える。
2020_08240009

“金柑” みかんの開花頃に、花が咲かずに心配したが、盆明け頃から一斉に開花。
2020_08240010


8月28日
今朝ゴーヤを8本収穫。これは今夜の夜勤に持ってゆき、仲間に分けると言う。
5月の末に、1本230円の苗を買って育てたもの・・・
毎年種を採取してたが、昨夏は育ちが悪く、種を採取出来なかったのだ・・・
今年は育ちが良く、既に6本ほど収穫。

夏野菜として出回り始めた頃は、苦手な野菜だったが・・・育てて喰うと以外や〝大人の味〟だ・・・
中の白いワタは、種入りのまま一口大の天婦羅にすると、ホロ苦く乙な味です。

2019_08280007

1本だけ種採取用に完熟させてたが、全体が黄色に為ったので収穫。

2019_08280003

中を開くと・・・赤い皮?に包まれた種が・・・

2019_08280004

水洗いすると、赤いのがすぐに取れます・・・

2019_08280005

ゴーヤ1本から、これだけの種が採れました・・・

2019_08280006
これ位の種が有れば、来年は苗を買わずに済みそうです・・・

↑このページのトップヘ